生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 連休合わせで、「メディーバル2:トータルウォー」(MTW2)と言う洋ゲーを買って来たんですが、これがまた酷いゲームでして。操作方法が非常に分かりにくく、肝心のチュートリアルも英語の台詞に日本語の字幕でさっぱり頭に入って来ません。雰囲気とか勿論大事だとは思いますが、操作が分からなかったら雰囲気も何もないでっしゃろw

 どうにかこうにか最後の城を落し、チュートリアルをクリア。続けてキャンペーンをプレイ出来るらしいので、早速「キャンペーンの続行」を選択して再開したら、何故かさっき落とした城が敵のままw
 まぁ、あの勝利は無かった事になったのかなと思いながら、チュートリアルの通りに軍団を編成して再度城を攻めようとしたら、今度は城が選択出来ないので攻撃不可能ww 洋ゲーの訳の分からなさ、此処に極まれりですなー。

 よく、SLGマニアなんかは「AOEとかCIVがあるのに、どうしてKOEIが未だに存続できるのか分からない」とか言いますが、逆に言うと綺羅星の如く存在する洋ゲーの中で、日本人でも十分遊べるゲームはその二本くらいで、後は感覚が違い過ぎてゲームになってないんですなw そりゃまぁ、こんなへちょいローカライズじゃ、幾ら駄作でも日本人が作ったゲームには勝てませんよ。
 あー、連休をすっかり無駄にしてしまったorz
スポンサーサイト
 Amazonから「ひまチャペ」のビジュアルファンブックが到着。こんな本を買うなんて何年振りだろう。

ひまちゃぺVFB

 書評は明日以降に回すとして、取り敢えず二周目を開始。
 今回はナノ子と並ぶメインキャラ・こゆ吉ルートを選択してみる……って、今ファンブックを見たらこゆ吉の事を竹井センセが「サブキャラ」とか云ってるんですが。あのパッケージイラストでサブヒロインって、じゃあ誰がヒロインやねんw

やさぐれナノ子
 こゆ吉シナリオもギャグ7:シリアス3くらいでしたね。ただ、こゆ吉の馬鹿ップル化が激しく、ナノ子が物凄い勢いでヤサグレちゃってます。この辺、こゆ吉よりも可愛いかったりするから困る。

 シナリオ終盤では、主人公が感情を失って行くとゆー何だか「秋桜」みたいな展開に。あっちは記憶でこっちは感情ですが、まぁ、大体同じですな。
 違うのは、ヒロインがしっかり支えて感情を取り戻す手助けをしているところでしょうか。秋桜だと結構唐突に感情が戻ってるからなぁ。小説版で多少フォローしてますが、何だかシナリオの都合上「泣き」「感動」要素を入れて置きましたと云う印象が強くて鼻に付いたものです。その点、「ひまチャペ」ではそれなりにヒロインの頑張りも描いているので、そこそこ感情移入出来ますね。
 ま、小官としてはギャグが面白ければ他はどーでもいいんですけどね。

ナノ子結婚式 こゆ吉結婚式
 寧ろ、二人の結婚式CGでのねねねーちゃんの扱いに吹いたw
 どんだけ不満なんだこのブラコンめwww
 前回、余りにもあっさりしたBAD ENDにがっくり来て攻略を休止した「ひまチャペ」を、今回は攻略サイトと首っ引きでプレイ。

姦しい


 成程、ナノ子寄りの選択肢ばっかり選んじゃダメなのか、他のヒロインに気を使った選択肢を選んで、

元帥杖授与
元帥昇進!


を狙って行った方がいいのか……とか、かなり勉強になりました。と云うか、全体に昔のADVみたいな引っ掛けが多くて攻略サイト無しじゃクリアできねーだろ、コレ……。

く、屈辱ナノですー

 その後は、ギャグ7分に悲しいお話3分、とは云え余り深刻にならない程度にクライマックスを迎えつつ、ナノ子エンドへ。いっちゃんのお陰で人死も無くめでたしめでたしでした。御都合主義な展開に感動は殺がれるけど、まーこれくらいがいいんですよ。少なくとも、二周目を始めたり、辛い明日に立ち向かう程度の気力は湧いて来ますしね。
 い、いかん……「うみねこ」カニバリズムED(と4日出勤を命じる無慈悲な会社)のお陰で鬱度が上がって来てしまった。ここはひとつなるべく能天気なゲームでSAN値を回復せねば。

 と云うわけで、以前購入したきり放置していた「ひまわりのチャペルできみと」をプレイ開始。

ツンデレ?姫

 程よく能天気な内容でまずまず結構なのだが、「秋桜」の竹井10日にしては破壊力が低いような気がしないでもない。とゆーか、今時音声なしってどーゆーゲームよw
 現在3日目朝ですが、先行き不安です。
 今回は何と真っ向正面から魔女が登場。玄関から堂々と乗り込んでお屋敷に上がり込み、目撃者も多数作ってます。うーん、ep01でのベルンカステルのヒントからてっきり彼女は右代宮家の女性にしか見えない遺伝病のようなモノかと思ってましたが、違うのか……まだまだ謎は深そうです!
 と感心したのも束の間、嘉音くんがカノンブレード振り回し始めたので呆然。おいおい、こりゃー天地無用っすか?!

杭コンビの1、なんとかかんとか 杭コンビの2、サタン
 さらにその後、杭まで擬人化されてたので、人力かファンタジーかと言う前に笑っちゃいました。シリアスなシーンが台無しですw

 あと郷田も格好良かったですね。意外といい奴。

 そしてラストはマブラブオルタのまりもちゃんを思わせる鬱ED。お茶会で梨花ちゃまに慰められたりしたけど、正直気が重いです。カリバニズム系は反則だよなぁ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。