生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 交易レベルが20を越えたので、折り良く今回のパッチで必要レベルの下がったナオ級をしゃなげ閣下に建造して貰う。

 ナオ級はキャラック級の登場以前に地中海交易の主流を担っていた交易船で、かのコロンブスも使用していた船。ゲーム中では縦帆170/横帆70と船足は遅いが、倉庫が350となかなか交易向きの船になっている……と思ったら、何と「必要乗組員:45名」と来たもんだ_| ̄|○||| この人数でこのスピードじゃ、倉庫の中身は殆ど乗組員の食料と飲料水で埋まっちゃうyo
 うーむ、商用キャラックから輸送用ガレオンに乗り換えた時に学習して置くべきだった……「必ずしも必要レベルや価格と性能はイコールではない」と(´Д⊂グスン

 まぁ、泣いていてもしょーがないので、リスボン沖に停泊しているイングランド第17章の敵・イスパニア艦隊(戦闘用ガレオン1・ガレオン1)に戦いを挑む。我らがナオ級は砲門は20と心許ないが、乗組員だけは80人と大量に積めるので、金の力に飽かせてリスボンで熟練乗組員35名を徴集し、敵の砲撃にもめげず徹底切り込みだ! アボルダージュ・ボーディング!! 気分は回天艦長甲賀源吾である。
 戦闘は一週間に及び、我がナオ級は満身創痍(具体的には、耐久度1)になりながらも敵旗艦乗組員を討ち減らし、あと一息と云うところまで負い詰めたが……ライザの砲撃で轟沈 Σ(´Д`lll) あ、あのあまァぁぁぁぁぁぁ!!!!! 使えないだけなら兎も角、こっちの船まで沈めるとは。一瞬でもこんなNPCに萌えてしまった自分が恨めしい。

 その後、装甲をシーダーから鉄*2に付け替え、戦闘時はひたすらライザ艦を盾にして砲撃に徹する作戦を採用。ええい、卑怯と言われようと犬畜生と呼ばれようと艦隊士官は勝つ事が誉なのだあぁっとばかりに粘る事二週間……漸く撃沈できますた(・∀・)

 参考までに、その時の装備やレベルをつらつらと。
レベル:12/22/9
乗艦:ナオ(店売りノーマル)
乗組員:80
船部品:戦闘用は店売りの鉄板装甲*2のみ。
砲:20(名匠デミキャノン12+店売りデミキャノン8)
スキル:戦闘系皆無
備考:沈んでも泣かない。
 ゲーム時間で二週間、実時間で一時間半くらい掛かるので、時間に余裕を持って臨む。

 ソロ商人の冒険の助けになれば幸いです。
スポンサーサイト
 ……だと思ってました、ずっと。

■甲虫王者ムシキング・第三話「魂の行方」
 オヤジと二枚目、大いに奮闘するの巻。
 水滴使いというギミックを生かした、子供向けアニメとは思えない激しいアクションでした。

 しかし……二話でいきなり仲間が4人も増えたと思ったら、三話で二人死亡とわ。
 前番組の「スターシップオペレーターズ」といいこれといい、TV東京の規制が弱くなったってことなんじゃろーか? 出来れば、ついでにスカートの下の規制も緩くして欲しい所ですが(^^;
 ますます過熱する反日デモを受け、2ch大規模off板では中国に講義しようと云うスレが成立。
 しかし、「抗議文を」とか「プラカードを出そう」みたいな「中国に対する抗議の意を示す」プランは全て、まとめブログ「日本人より中国人に愛を」管理人に却下(それじゃ中国人と同じです。2chねらーらしく穏やかに行きましょうetc)され、いつの間にやら「中国大使館参事官に花束を渡す」活動に。

1 :エージェント・774:2005/04/16(土) 00:41:43 ID:huLbV3x7
4月17日(日)17:00

集合場所     六本木ヒルズ
集合時間       17時

     【秩序ある】日中平和アピールOFF2【デモを】

暴力反対、平和を望む意思を込めて中国大使館を沢山の花で飾ってしまいましょう。
主義主張は問いません。愛を持ち花に込めて(メッセージを添えてOK)
冷静な対話の重要さと友好の大切さをアピールしましょう

まとめサイト
http://matarikougi.seesaa.net/
まとめブログ
http://spaces.msn.com/members/schum36/PersonalSpace.aspx

                        コピペお願いします
暴力的なこと(投石など)に花とメッセージで返すというユーモアあるアピールです。
ただ中国のデモに反感を感じていることより何倍も意義あることではないでしょうか。
是非参加お願いします。 遠方の方もスレに一言だけでも大きな力になります。
みなさん是非ご参加ください。

 その後も「中国に講義するプラカード」とかもダメとされたり、兎に角「花束」に拘る主催者。住人も熱意を失い、web上の高名な反米主義者である九郎政宗氏にまで
・・・2ちゃんねるで中国の「反日デモ」スレッドが盛り上がらない。
というか、「どうしていいかわからない」感が色濃い。
よもやここまで反発されるとは思っていなかったのではないだろうか?
2005/04/11付日記より)
 と嘲笑される始末。
 しかしその一方で、熱心なまとめサイト管理人の主導で開催日、ルート、果ては「マスコミの取材」までが着実に決められて行く。
 あーあしゃーない、この流れで行くかぁ。一応反中国デモだしなぁ……と思ったら。

124 : :2005/04/16(土) 01:16:10 ID:D6u/JJV9
s036@ほっとメール.com
英語に直してぐぐれ。

*まとめブログに載っていたメールアドレス

145 :エージェント・774:2005/04/16(土) 01:19:05 ID:1tLpTyk1
Date: Sun, 13 Jun 2004 15:43:44 +0900
From: "s s"
Subject: [paml:02914] サマーワ等行き
To: paml@wsf.miri.ne.jp
Message-Id:
X-Mail-Count: 02914

みなさまへ
私は学生の者ですが、来月国境なき医師団と共にサマーワ母子病院等の劣化ウラン弾
の被害を取材しに行こうと計画しております。
ただ私は現地への旅費を賄うだけが精一杯な状況です。そのため現地に行きましても
結局は単に見学しにいただけだろうと思われてします。せっかく行くわけですから、
どなたか私に抗がん剤を買う資金や、それ相当の物資を寄付していただけませんで
しょうか?

鶴田

「中国抗議デモ経過を追う」「発覚の経緯」より)

 ……あーあー、なるほどなるほど。つまり2chねらーを騙して動員し、反日デモに合流させる積りだったのね。こんな大規模かつ巧妙な「陰謀」をさらっとやれるなんて……平和主義マジデコワイ((;゚Д゚)ガクガクブルブル


■追記
 主催者はそのまま暴走、「中止にはしない」そうでw
 商人ピカードもりもり育成中。レベルは12/19/8となり、船も火力・速力・積載量のバランスが取れた傑作・商用キャラックとなり、イベントの方もまた東地中海編が一段落し、一休みと云うところである。
 しかしその一方で、一向にアフリカやアジアそしてまだ見ぬ日本にいけないもどかしさが募り、日々のプレイもやや惰性に流れつつあった今日この頃。あーあ、やれる事も大体やったし、先も見えて来たし……大航海時代もそろそろ終わりかなぁ。

 ……等と思っていた、正にその時。「彼」は小官の目の前に姿を現した。


ishikamen01.jpg

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


 な、何と云う個性溢れる姿! ややもすれば、「みんな似たような服を着てるなぁ」と思われがちな大航海の世界で、これ程までに存在感を主張出来る人物が居るとは! ギルドメンバーの「中東で100人ほど殺して来ましたって感じ」と云う紹介が決して誇張ではないと云う事を、身に染みて思い知らされた小官であった。

ishikamen02.jpg

しかもいいひとだ!


 大航海時代オンライン、それは人類に残された最後のフロンティア……そんな陳腐な言葉を信じてみるのも良いかも知れないな。呟きながら、小官の手は知らずの内に帆を張っているのであった……。
 よくアメリカが石油資源を求めてイラク戦争を始めた! と云う人がいるんですが、そーゆー人達は一体何処からそう云うネタを仕入れてくるんでしょうね。普通に考えると赤字なんですが……。

 で、今度はそのイラク戦争に反対したカナダの自由党政権で大規模な汚職が発覚しました。

世紀のスキャンダルに巻き込まれるカナダ政権 (反MSM)


 カナダで自由党がスポンサーシップ・プログラムを利用し100億円もの税金を着服したとするスキャンダルが大きな話題となっている。


 結局、自由党がイラク戦争に反対したのは、自分の党の影のボスがイラクに石油会社を持っていたからと云う事。戦争反対の方が利権に直結してるってのはこれ如何に? 日本の小説やアニメではタカ派=軍産複合体(^^;)なんて描写が多いが、ハト派の背後も多少勘繰って見た方が良いと思う。
 と云うか、ヤル気満々の銀河帝国を前に軍縮を唱えるジェシカ・エドワーズはどー考えてもアンダカヴァだよなぁ(小官が言ってるんじゃないよ、スイス人が言ってるんだよ)。

 まぁ、種死くらいに突き抜けた平和主義を唱えられると、もう笑うしかないけどw
『魔法先生ネギま!』 第XV時間目
 画質は良いし、演出も面白いんだが……その……何でみんなヅラなのさ? 「痕リニューアル」へのオマージュか?!

『極上生徒会』 第二話「ほとばしる青春」
 青春って何をほとばしらせるんだろーねー? と云う次回予告を、つまんねーオヤジギャグだなぁと思って聞き流していたら……こんなモノをほとばしらせやがりました。どっかーん。
 ちなみに旧軍の戦艦長門などは、主砲を斉射するとその衝撃で艦が大揺れに揺れ、機関銃座に座ってる射手ですら海に放り出され、何人も犠牲者をだしたとか……と、放蕩オペラハウスっぽいトリビアも付け足してみたり。

『LOVELESS』 第二話「MEMORYLESS」
 気を取り直して第二話からでも見ようとテレビを付けたが、男二人がモニターに密着してる辺りで挫折。
 いやもうホント、男のネコミミって本当にキモいです。あー、女性がエロゲーに出て来る女性キャラを見た時に感じる生理的な嫌悪感ってのはこういう感覚なんだなぁ。女の身ながら電撃大王や萌王に萌えコンテンツ批評記事書いてる茅野のやかって本当に偉いんだなぁ。多少ポイントがずれていても許容してやらなきゃいかんなぁ……。

 でもラブレスはもう予約リストから消す。
 半日ほど掛けて『歴史群像2005.4』掲載の記事「品川・阿波沖海戦」(文:中西豪)に基き、海軍関係の記事を一部更新。と云うか、本筋の新選組関連の記事やルールの整備をほったらかしにして脇道ばかり充実させるのってどーよ? と云う気もしないでも無いが、小官の趣味の方向性がそっちになっちゃったんだからしょーがない。

 ちなみに、「維新の嵐」でぐぐるとうちがTOPだったりw 誇らしさ半分、申し訳無さ半分……。
 な、何だコレはw

 「ヒロインが双子」である以外は正統派の学園ラブコメディのお約束を踏襲したフタコイ無印とは全く違い、私立探偵・双葉恋太郎と双子の助手・白鐘沙羅&双樹の活躍(?)を描いたドタバタアクションラブコメディとなっている……まぁ確かに、クライアントの出した条件は「双子」「パンピーにも受ける」「女性支持者も開拓したい」白痴の夢の如き三ヶ条だけで、「銃撃戦禁止」とか「パンチラ禁止」じゃないしなぁw
 一度はシリーズ構成を断ろうとした金月が、この発想の転換と共に再起を志したのも分かるような気がする。全く、本当に才能の有る人間はアホなクライアントの壁くらいじゃめげないんだなぁと思い知らされました。こりゃ、小官もクライアントの無理解や社長の無謀に文句を云ってばかりじゃダメだなぁ……頑張らねば!
公式サイト:
『フタコイ オルタナティブ』
『ゾイドジェネシス』
 無印以来久々のストーリーメインのゾイドで、ゾイドバトルをメインに据えた/0やフューザースとは些か路線を異とする新作ゾイド……っていきなり世界滅亡かよっ。帝国と共和国のアツい戦いは一致何処へw
 キャラクター描写もこれまでの少年向けから萌え路線に切り替わっており、ヒロインがを取ったり、「お兄ちゃん」を連呼する可愛い妹(……なんか見てたら「ボク」とか言い出したんで不安になってきましたが、アレですよね、ボクっ娘。絶対そうだよ間違い無い)が出て来たりと無印時代を髣髴とさせる炉キャラ大放出で、実況スレはプチ祭り状態。
2005/04/10(日) 08:56:45
NHK総合の勢い: 10res/分 08:57??09:00 [天]
NHK教育の勢い: 3res/分 08:35??09:00 趣味の園芸
日本テレビの勢い: 43res/分 08:00??09:55 THE・サンデー
TBSテレビの勢い: 24res/分 08:30??09:54 サンデーモーニング
フジテレビの勢い: 10res/分 08:55??09:00 そこが聞きたい!構造改革
テレビ朝日の勢い: 83res/分 08:30??09:00 ふたりはプリキュアMax Heart
テレビ東京の勢い: 94res/分 08:30??09:00 [新]ゾイドジェネシス

 と、最終的にはプリキュアスレを追い越す勢いにもなり、ドレミ以来続いたテレ朝一強時代に終止符を打つ形となった。視聴率的にはまだまだ苦しいだろうけど、今回のゾイドはただじゃ終わらない予感。
 SSは六年ぶりくらいにゾイドを応援します。

 ついでに、今週スタートの新アニメについても一言ずつ。

「LOVELESS」
 「俺と…思い出作りしないか」の辺りで挫折しました。
 天奈閣下はちゃんと最後まで見たんですよね……凄いw

「極上生徒会」
 絵がのっぺりしてるとかストーリーが良くわからんとか巷では色々言われてますが、「天上天下」「一騎当千」「風林火山」「速攻生徒会」etcから連なる生徒会モノ=ヤンキーバトリングと云う定型的な概念を打ち崩した画期的な作品と云えなくも無いので、小官的にはかなりの高評価。りのvsプッチャンのドツキ漫才を堪能せよ!

「ケロロ軍曹」
 あああああ、巨大宇宙人と云えば「ゼントラン」だろーが! タコ宇宙人なんか出してどーすんだ……アルマ・デ・ザンツ_| ̄|○||| 一時は同じ雑誌に掲載されていたくらいなのに……スタッフ怠慢ですよヽ(`Д´)ノ デカルチャ!

「ツバサクロニクル」
 どーも分かり難い脚本だなぁと思って眺めてたら、製作がいつもの「マッドハウス」から「ビィートレイン」に変わってます……ノワールとかアヴェンジャーとかマドラックスの電波系作品で有名な。ただでさえ難解なCLAMP作品にそれ以上の病理をぶつけるとは、NHKも大暴れですなぁ。

「おねがいマイメロディ」
 一見普通の女の子向けの魔法少女モノだが、ヒロインの夢が憧れの人のメイドだったりとやっぱり少しぶっ飛んだ内容だったりする。名物のメラメラチャーハンの為に戦う「ふたご姫」といいコレといい、今期の女の子向けアニメは正気とは思えない(誉め言葉)企画が目白押しで、見逃せません。
 まぁ、「赤ずきんチャチャ」とかの頃にはそーゆーのが主流だったとゆー説もありますがw

「MAR」
 安西せんせー原作なので見たい気もするが、サンデーで読むと毎週トーナメントバトルをしてる印象が強くて正直胃に凭れ気味なので見る勇気が涌きません。
 同じサンデー系バトル漫画でも、ガッシュなんかはアニメ化に当たって日常描写を増やしてバトル一辺倒にならないように気を配ってるのが分かるんだけど、これははちょっとなぁ……来週もバトルみたいだし……。
 スキルが下がるのを忌避して一度は断念した会計士ですが、ど??考えても食品商に未来は無い(食品取引を3に上げても発展性が無い)ので、やっぱり転職しました。ユーロ鯖だとしげちー閣下と被っちゃうけど、ノトス鯖だから大丈夫だよネ?
 心配していたスキルの低下も食品取引が少し下がっただけで何とも無かったし、今後は織物や酒でガンガン稼いで行く予定です。多分。
 そのものズバリ、大航海時代onlineの「ワールドガイド」。
 サイズはB5、ページ数は100ちょっと、その内カラーページは90弱、内容はイラストが豊富で内容は高校教科書よりも若干踏み込んだ程度のものと、大航海時代onloneから入ったプレイヤーを強く意識した構成となっており、歴史オタクである小官から見るとやや不満は残る。
 しかし一方で、P.50から始まる船の紹介やP.20から始まる衣服の紹介等はビジュアル的に面白く、一見の価値あり。勿論小官より更に詳しい識者に云わせれば不備だらけなのだろうが、この時代について無知だったり、或いは文字知識しか無かったりする人間が「大航海時代」をイメージするには最適かと。

総評:この本じゃ物足りない歴史オタクはTruth In Fantasyシリーズの『大航海時代』を買いましょう。
 世界観より攻略法を求めるゲーマーさんは、この本はスルーして今後出るであろう「プレイヤーズガイド」を買って下さい。

 ……何故こんな事を書くかって? そりゃーあーた、Amazonのカスタマーレビューが可笑し過ぎるからですよw 「ワールドガイド」を買って「攻略法が載ってないヽ(`Д´)ノ 」って★二つ付けられてもねぇ。
 と云うか、ネット環境が有るんだから、「大航海時代オンライン攻略」でも「enjoy! 大航海時代online」でも好きなところに行けば良いのに。絶対そっちの方が詳しいよw
200_40
 ガンパレの大ヒット以来、ミリオタなら誰もが一度は夢見るミリタリー系ギャルゲーってやつですなー。
 まぁ、大体の場合はミリオタの頭の中で終わるか、精々ネタスレを建てて終了、ってなところなんですが……今回はパワードールやシークエンスパラディウム等の硬派なSLGで定評の有る工画堂スタジオなので、かなりマニアックな完成度の高い出来になると思われます。今秋発売だそうなので、続報に期待です。
 久々に社長から電話がありまして、「○末の○○し○」はさっき漸く脚本が上がってスタジオに運ばれたそうです。これから収録日が決まるらしい。となると、後一週間はする事が無い訳で……と云うか、5/10に完成するのか? 小官が毎日12時間働いても一ヶ月掛かる工程なんだが。
 まぁ、この辺は深刻に考えるときりが無い(あんまり会社と自分を同一視すると痛い目を見るのがこの業界のルールっぽいw)ので、敢えて「うっひょー、あと一週間も大航海時代三昧だぜー」とポジティブに考えて置く事にする。

 で、その大航海時代。
 Notos鯖に移って英国籍商人で再スタート、周辺の港との貿易でそこそこ稼ぐ。その内、レベル制限も緩くて性能もお手頃なブリティッシュコグを入手。ポルトガルにはこんな便利な船無かったなぁ、性能低劣な輸送用ガレー(通称:ゴキブリ)しか無かったなぁ等とぼやきつつ、バルト海沿岸の市場調査に出発……ってオイ、何だこの市場は!?Σ( ̄∇ ̄|||)

 先ずオスロで木材や羊毛、亜麻を購入、隣のコペンハーゲンに行って売却、代わりに牛肉やソーセージ、チーズを買ってまたオスロに行って売却、オスロで再び木材etcを買ってコペンハーゲンに……って五分足らずの単純作業を繰り返すだけで、一回15,000??30,000Dくらい入って来ちゃうんですが。
 リスボンとマディラを砂糖の値上がりにビクビクしながら往復したり、オポルトとリスボンの間をちまちま往復して、早朝や深夜の人の居ない時に運良く10k以上の儲けが出ればラッキー、なんて思ってた小官って一体_| ̄|○||| しかも、みんなガンガン生産してる所を見ると、まだ何か「金儲けの秘訣」が有るっぽいし。あーなるほど、イギリス人が多いわけだ……(まぁ、バランス補正が入るまでの寿命だとは思うけど。と云うか、今日の夕方にも消えかねん)。





 小官? 勿論、補正が入るまではたっぷり儲けさせて貰いますよw
『ぷぎゅる』1~3
 講談社刊、マガジンZKC所収。作:コンノヒロト。
 落書きにしか見えない自称「町のメイドさん」チェコちゃんと、彼女の友人達(バンカラ不良学生、ヘタレ雪女、イカ、殺し屋等)を巡る日常系不条理四コママンガ。
 アニメ版DVDの狂ったCMで有名になった。
 その不条理さは学園モノとして小さく纏まった「ぱにぽに」の斜め上を音速で飛行する飛びっぷり。大体、1巻は04.03.23、2巻は04.05.21、3巻は05.02.23とゆー非常にアンバランスな刊行時期で、しかも1巻の冒頭には「2002年の正月も無事迎えられ……」みたいな描写が有ったり、もう出版された事自体がおかしいマンガw

 こうした面白い四コママンガを前にすると、その面白さを伝える言葉が無くて小官のような書評オタは苦労するのだが、だからと云って純文学に擬えて見たりフランス映画に擬えて人を煙に巻くのも、ましてや怪しげなテクニカルタームを考案しちゃうのも趣味じゃないので、矢張りこの一言を以って締めさせて頂こう。

 総評:一度読んでみ。
『デュラララ !!*2』
 2005.03.25.メディアワークス刊、電撃文庫所収。著:成田良悟/イラスト:ヤスダスズヒト。
 池袋を騒がせる通り魔事件、その犯人は伝染し増殖する妖刀「罪歌(サイカ)」だった!
 友人であるセルティを傷付けられ、激怒した平和島静雄のパワーが今炸裂する!!

 ……すみません、相変わらず様々な能力を持った奇人変人が縦横無尽に錯綜するワールドなんで、粗筋がマトモに書けませんでした。イラストレーターのヤスダスズヒト氏が「よくわかるあらすじ」を書いているので、そっちを読んだ方が無難かも(まぁ、そっちはそっちで内容の欠片も分からないんですが、ノリは良く分かると思うのでw)。
 一応、今回のメインキャラは前回から「最強」として畏れられている平和島静雄で、彼の超人的パワーやぶっ飛んだ思考の理由が明かにされます。その他にも、ダラーズと競い合うようにして池袋に広がり始めたカラーギャング・黄巾党や、ダラーズと黄巾党の双方に保菌者(?)を持ち、独自のネットワークを形成する「罪歌」達等新しい要素が登場し、池袋の町は正に三国志状態……。

 成田先生の作品はそのイケメン超人が活躍する作風からキャラクターの個性に注目する女性ファンが多く、作者としてその声に応えなければならないと云う事情は良く存じ上げておりますが、こうした「組織」が三つ巴にも四つ巴にもなって大騒動を引き起こすのも先生の作品の魅力の一つ。此処は是非、風雲渦巻く池袋戦国絵巻をやって頂きたいものです。

 総評:暇なら読んどいて下さい。

参考URL……

作中に登場するギャング・ダラーズのサイト:“ダラーズ”
*パスワードは巻頭イラストから判断するに「BACCANO!」であると思われるが、小官が入力したところブランクページに転送された。作成中なのかパス違いなのかは不明。

成田良悟氏のサイト:b_000

ヤスダスズヒト氏のサイト:suzuhito


■補足
 ダラーズのサイトは一部の使用者がメンバー登録システムをbbs代わりにしていた為、閉鎖されたらしい。
 実際には更にラノベロワイアルスレとか何とか色々有ったらしいんだけど、纏めサイトとかも無いので門外漢にはよーわからんです。
 でも、カッコイイ宣伝フラッシュは見つかったのでちょっとリンクしておきますね。

宣伝Flash鉄マテリアル
 Notos鯖のイギリスの商人でやってるんですが、イギリスのイベントはポルトガルのイベントと違ってが有っていいですね。

kizoku
 華。

 ポルトガルなんか、出て来るのはヤオイくせー兄ちゃんとショタっぽいガキですからのぅ。

 それにしても、

umiryodan

 「海の旅団」って何だよw 旅団とゆー軍隊の単位自体、18cフランスで生まれた概念の筈なんだが。
 此処は矢張り、史実の通り「ゼー・ゴイセン(*1)」にしてほしいですね。
 大丈夫、「維新の嵐」に車善七(*2)を出したKOEIなら出来るよ、きっと!

*1「ゼー・ゴイセン」
 訳すと「海の乞食」。スペイン領ネーデルラントの貧乏貴族から成る海上ゲリラ部隊。旧教を奉じるスペインに対して新教を掲げてネーデルラントの独立を図り、両国の海上交通を破壊した。
 ちなみに「ゴイセン」の由来はそのものズバリ、「服がボロボロで貧乏臭かったから」。当初はそのボロボロさを嘲笑ったスペイン側からの蔑称だったのだが、そのうち「そーだよ! オレ達はどーぜ乞食だよ! 悪いかこのやろー」と開き直った貧乏貴族側が積極的に名乗るようになったので、転じて栄光のゲリラ部隊の呼称となった。

*2「車善七」
 江戸の非人頭。同和利権でがっぽり儲けていたらしいw
 「維新の嵐」でも部下を200人も連れて大層羽振が良かったりする(他に部下200人の要人と云うと、雄藩の藩主くらいしか見当たらない)。

『撲殺天使ドクロちゃん⑤』
 2005.03.25.メディアワークス刊、電撃文庫所収。著:おかゆまさき/イラスト:とりしも/ゲストイラストレーター:七草
 電撃hp収録の第一話「事件は密室で起こるよ! ドクロちゃん!」と第二話「一般的中学生・草壁桜の一日だよ! ドクロちゃん!」に加え、文化祭+体育祭の「文武両道競技会」に舞台を移した第三話「木工ボンド部強化合宿のススメだよ!  ドクロちゃん!」、最終話「僕達の戦いは、まだ始まったばかりだよ! ドクロちゃん!」の書き下ろし二編を収録した短編連作集。
 今回は内容も然る事乍らイラストが秀逸でした。
 木工ボンドの精・モコを「しにがみのバラッド」の七草氏に書かせたり(しかも、死神そっくりw)、第三話ではメディアミックスを支援して見たり、支援といいつつ型取りされているドクロちゃんとか自らネットラジオを配信しているドクロちゃんは如何なものかと思ったり、いつも以上に盛り沢山。
 お暇な人は立ち読みでも構わないので是非御覧有れ。

 しかし、本当に最終回入ってますね……デュラララ !!*2で成田良悟が云った通りだw
 読まれてますよ、おかゆセンセ!


参考URL:
おかゆまさき氏のblog
「Re:今週のおかゆま」
とりしも氏hp
とりしも

七草氏hp
七草

 リアル知人が多いってんでEuros鯖に行ったんですけど、何故か誰とも連絡が取れない(TT
 唯一の知り合いであるしげちー閣下のキャラも余りLoginしてないみたいだし……。幾ら鋼のソロプレイヤーでも、MMOでフレンドリストが一人でしかも常にグレーと云う現状は流石にキツくなって来たので、しゃなげ閣下のお誘いを受けてNotos鯖に移住しますた。

 今回は本気で育てるキャラと云う事で、我が心の名艦長「ピカード」の名を冠したキャラを作成……って、既に使われてるし_| ̄|○
 仕方が無い、「ピカード艦長」で妥協しよう……ってコレもダメか_| ̄|○|||
 じゃあ、いっそ「ジャンリュック・ピカード」……は文字制限で入らない!?Σ( ̄∇ ̄|||)
 うーむ、みんな似たよ??な事を考えるんだなぁw

 結局、妥協に妥協を重ねて「ジャン・L・ピカード」に決定しました。北海でみみっちく稼いでいるケチな商人ですが、どうぞヨロポコ。

■追記
 しげちー閣下は既に2ndキャラを始めたそーです。
 ふっきーと一緒にスタートダッシュを決め、今度は商会に入って全く知らない仲間と始めたそうです。
 ……なんかもう邪魔しちゃ悪いんでやっぱNotos鯖行きますわw
 金曜日の夕方に移籍した「ケロロ軍曹」の後番組。
 ぱっと見は女児向けの魔法少女モノなんですが、主人公二人の動きがちまちましていて非常に萌えです。二人で踊るいやいやーのダンスとかw
 何と云うか、プリキュアとクレヨン王国を足して二で割ったような感じです。

 一方で移籍したケロロ軍曹が、パンピーくせぇOPにしたり、アニメネタの引用は一般人にも分かり易い1stガンダムネタに限定したり、そもそも脚本が恐ろしく詰まらなくなってしまったのとはえれー違い。この時間には、何かアニメを面白くする魔力でも詰まってるのかも知れません……。
公式サイト:
『不思議の星の☆ふたご姫』
 2005.02.25.メディアワークス刊、電撃文庫所収。著:七飯宏隆/イラスト:巳島ヒロシ。第十一回(2005年度)電撃大賞受賞作。

 舞台は近未来、放射能汚染により崩壊した地球の中で唯一居住可能な空間となった地底の避難シェルター「ペルシダー」。そこに暮らす唯一の生き残りである少女・まゆと、彼女の世話をする為にこの世に残り、擬似家族となった5人の幽霊は、人類滅亡と云う厳しい現実から目を背け、何とか平和にやって来た。しかし、ペルシダーを管理するコンピューター「ルカ」は人類保護の観点から彼女を捕らえ、クローン人間の母体にせんと画策する……。

 唯一残った人類+非人類の擬似家族と言われると、つい先行作品である「鉄コミュニケーション」を思い起こしてしまいますが、こちらの「ルカ」は似たような構造ながらも、視点者を擬似家族側では無く「ルカ」側に置くと云う些かトリッキーな ── しかしながら子供らしい全能感とそれを打ち砕かれる事に依る成長を描くと云う意味ではこれ以上無い優れた ── 手法を取っており、SFアクションとしてエンターテイメントに徹した「鉄コミ」とはまた違った、ライトノベルならでは、と云うか電撃文庫の新人さんならではの透明感に満ちた思春期文学作品となっていると云えます。

 ただまぁ、同時に「人類滅亡ネタはもうお腹一杯」とか「女性読者を意識し過ぎて全然萌えねーよw」とか「結局人類はどーなったんだ?」とか、更には細かいところですが「アメリカのせいで世界が滅びるなんて今時ありえねw ソース丸見えですよw どーせなら東の覇権主義国家や北の独裁者にしとけwww」とか電撃大賞らしい欠点も多々有って、手放しで誉められる作品でもないですね。尤も、こうした電撃大賞の「弱点」も編集サイドでは十分に分かっていて、それで大賞と平行して編集者レベルでの発掘もやってるんでしょうけど(一本釣りとか、銀賞作家の独走状態とかw)。

総評:忙しい人は強いて読む必要なし。まぁ、電撃大賞マニアは読んで置いても良いかも知れませんね。

参考URL:
rfbanner
(イラストレーターのサイト?)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。