生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ストイックな作風で知られる近衛龍春センセが、「上杉景勝」を刊行して吃驚。いやまぁ、近衛センセは風林火山の前にも高坂弾正を書いたりと「史実史実」と云う割に意外と商売っ気が強いんで、このタイミングで出す事自体は不思議じゃないんですが……アンタ前に「景虎」で散々景勝腐してたやん! どの面下げて景勝書くんかいな。

 ……む? だが我が道を行く近衛センセの事、或いは世間の「義将」「聖将」景勝とは一味違ったワルい景勝が見られるかも。本屋で見かけたら買ってみよう。
[2007/09/30追記]
>家康も死ぬまで恐れた不屈の闘志を秘めた男の生涯を描く。

 しかしやっぱり宣伝文句は「家康も恐れた男」なのかw
 家康が恐れる男多過ぎww こんな対人恐怖症一歩手前の性格で良く天下が取れたなぁ。
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
対人恐怖症吹いたwwww
ちなみに私の周囲で直江兼続の知名度は皆無です。上杉景勝も怪しいです。
同年代の友人に「花の慶次に出て来た…」っていっても8割方「そんなのいたっけ」だもんなあ。
利いたふうな口をきくなーー!!
2008/04/09(水) 22:58:39 | URL | by黒木竜 (#-) [ 編集]
直江はそんなに知名度無いですか……まぁ、うちも似たようなもんですが。
所詮マイナーメジャーなんですかね。
果たして来年の大河でメジャーになれるのか。
2008/04/10(木) 00:03:48 | URL | by軍曹 (#mQop/nM.) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。