生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼっちゃん 2008.05.02.学習研究社刊。著:河原谷創次郎/イラスト:三木謙次。

粗筋……
 時は三国時代。陳倉で諸葛亮を防いだ武将として有名な郝昭の戦いを、郝昭の息子郝凱の視点から描く。

 三国志を題材にした作品は多いが、魏視点、しかも武将ではなく武将の息子から見た作品は類が無い。第12回歴史群像大賞最優秀作品賞もむべなるかな。

 不器用だが責任感が強く、優しさを秘めた理想の父親としての郝昭はなかなか格好良かったです。正に「骨太な人物像」と言う言葉がぴったりくるような、重厚な人物でした。
 一方、様々な秘密兵器を繰り出して陳倉に迫る蜀軍の不気味さ、恐ろしさもなかなかなものです。我々は諸葛亮が陳倉を抜けないと言う歴史上の事実を知っているのですが、それでも本当に落ちてしまうんじゃないか? と思うくらいの迫真の勢いでした。つーか、こんなに強そうな蜀軍見た事ねえよw

 そして、最後の最後に明かされる「王なにがし」の正体……三国志マニアへのちょっとしたファンサービスにくすりとさせられつつ、郝昭らしい最後が描かれて終了。非常に爽やかな読後感でした。


総評:美男美女無し、ロマンス無し、小才子のルール遊び無し、勿論メアリ・スーも無し。新人作家の作品とは思えない、非常に地に足のついた作品でした。
 評価は☆☆☆☆。是非次回作も読んでみたいし、過去の歴史群像大賞関連作品も読んでみたくなりました。
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。