生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほうかご百物語02 2008.06.10.メディアワークス刊、電撃文庫所収。著:峰守ひろかず/イラスト:京極しん
粗筋……
 妖怪娘イタチさんと、彼女にベタ惚れの美術部員白塚真一が、学校に蔓延る妖怪に立ち向かう!

 と云う或る意味ベタな落ち物ストーリーの連作短編なんだけど、実際にはイタチさんがピュア可愛かったり、真一のイタチさんへの態度が「仄かな恋心」とか「好意を持ってる」のラノベレベルじゃなくて崇拝だったり、妖怪と戦うとは云いながら決してバトルだけでは解決しない辺りが斬新。真一のイタチさん褒めは異常w
 正直、一巻を読んだ時には器用だけど地味な新人だなぁくらいにしか思ってなかったんですが、その器用さと地味さを二巻でもきっちり貫いていたので、ちょっと認識を改めました。いや、よく美少年とか美男子とかクレバー系の人材とか出さなかったなぁと(ぉ

 今回は犬神使いの委員長が登場。真一の思わせぶりな態度(本人は全くそんなつもりは無いんですがw)に振り回され、イタチさんと真一ではちょっと物足りないラブコメのコメ部分を補強してくれてます。

 でも、猿神との戦いのラストだけは納得行きませんでした。
 確かにバトリングでけりを付けたくないと言う意図は分かりますが、だからって単行本の冒頭にちらっと出て来ただけの妖怪でオチを付けられても、唐突感が拭えません。次回以降、こーゆー展開は勘弁して欲しいです(^^;

総評:色々書いちゃいましたが、短編集と云う難易度の高い形式でよく頑張っていると思います。評価は☆☆☆、次の巻も楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。