生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
付喪堂骨董店 2008.07.10.メディアワークス刊、電撃文庫所収。著:御堂彰彦/イラスト:タケシマサトシ。
粗筋──
 魔力を秘めた小道具「アンティーク」を巡る連作短編集。今回は、存在感の薄くなる絵具を使ってしまった女の子を描いた「影」、刻也が咲を賭けてポーカー勝負?!の「ギャンブル」、幼馴染の少女・歌恋の恋を助ける為、お人好しの少年友くんが運命を操るアンティーク「赤糸」でサポートする「小指」、「赤糸」を入手した咲と、それを男からのプレゼントと疑う刻也の丁々発止の心理戦(?)を描いた「秘密」の4編を収録している。
 わーわーわー、第三話「小指」のラストが大変な事ににににににににに。確かに、歌恋は酷いビッチだと思ったけど、だからって「誰よりも不幸になって下さい」はねーよなw
 第四話がいつもの咲&刻也の御馳走様なお話なので読後感は悪くないんですが、結構衝撃的な内容だったんで結構後を引いちゃいました。まぁ、これも短編集ならではの酷いオチではありますが……。
総評:短編集も4冊目となるとネタが尽きちゃったりしそうなものなんですが、御堂センセは「小指」みたいな奇手を放って読者に手詰まりを感じさせません。なかなかやります、曲者です。
 評価は☆☆☆☆☆です。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。