生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ジオンのキワモノMS開発史「MS IGLOO」シリーズの第二期・第一話。
 今度の主役はなんと地球連邦軍。一年戦争開戦直後、対戦車ミサイルだけでザク様と戦う連邦軍兵士対MS特技兵部隊の活躍を描くんだそうで。ノリはww2戦争映画?

HLV降下逃げ惑う地球連邦軍兵士
 先ずは圧巻の降下作戦。
 靄や土煙りと云った地上特有の景色が見事に再現されています。CGでは技術上の理由から鬼門筋と呼ばれる地上戦・歩兵戦ですが、ケレン味たっぷりのアニメ的な演出で上手く乗り切っているのが分かります。ハリウッドCG映画はこういう割り切った演出が無いんだよなぁ……。

M229軽機関銃リジーナ展開
 部隊退却のため、捨てガマリを務める対MS特技兵。
 このジープ到着>展開のシーンは、分隊支援火器や対MSミサイルの重さが良く表現されていて実に出来が良いです。冒頭の降下作戦をマクロな名シーンとするなら、こちらはミクロ方面でのナンバーワン・シーンです。

ゆとり乙
 そして能天気なゆとり分隊w この距離感、映画っぽくて好きですね~。
 ただまぁ、号令より先走って発射しちゃったり、最後はあっさり死んじゃったりといいところはありませんでしたがw

ザク撃破!?
 そこからこの一機目のザクを倒す辺りまでが、「あの死神を撃て!」の一番面白いシーンですかねぇ。

ig02_01_tokkou.jpg
 正直、その先の下士官が逆上して特攻するシーンとか、バーバリー中尉が一人でザクを倒すシーンはあんまり。感情に任せて突っ込むのはジオンに任せて、しぶとさが身上の地球連邦軍はもっとクレバーに戦って欲しかったです。不利と見せかけて足止めし、航空支援とか砲兵支援で擂り潰すとかね(実際近藤センセのコミックス版オペレーション・トロイではMLRSで吹っ飛ばしてましたしw

 ミリオタ的には色々文句も多い(冒頭の地球連邦軍がバラバラに逃げてくシーンはヘンだ、とかね。抵抗するなら塹壕掘って各個に包囲され……ってなるだろうし、逃げるならあんな徒歩でたったか逃げないでトラックやら戦車やらにしがみ付いてでも逃げろよ、とw あと三機目のザクは何やってたんだろうwww)んですが、ガンダムで戦争映画やってみましょう!的なシリーズの第一作としては必要十分の出来だと思います。今後の展開に期待するところ極めて大です。


 さて、次回の主役は小官が密かに贔屓にしている61式戦車との事です。はてさて、ビルドルブに稜線ごと吹っ飛ばされた汚名を返上できるのか?! まぁ、IGLOOですから救いの無いオチなんでしょうけどw
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。