生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 20004.06.30.メディアファクトリー刊、MF文庫J所収。著:ヤマグチノボル、イラスト:兎塚エイジ
 粗筋……
 普通の高校生・平賀才人は魔法使い見習「ゼロの」ルイズによって使い魔として異世界に召喚されてしまう。
 最初は怒った才人であったが、ルイズと共に魔法学院に通う内に絆が芽生え始める。そして、学院に忍び込んで強大な破壊力を秘めた秘宝「破壊の杖」を盗み出した怪盗フーケと対峙する羽目に……。

 内容は、一言で云えば「異世界召喚型ファンタジー+ハリポタ」。主人公を凡庸でやや不良がかった、云って見れば一昔前のエロゲの主人公みたいな少年にしたり、ヒロインをツンデレにしたり、イラストレーターに優れた人材を使用したりと売る為の努力は万全。

 ストーリーは王道的展開で驚くべき所や大笑いする所は無かったが、真逆「破壊の杖」がM-72とは思わなかったw まぁ、銃器の類だろうとは思っていたけど、後々に影響を出さない(余り便利な銃だと、ファンタジー剣戟アクションからファンタジーガンアクションになっちゃうからねw それはそれで見たいけど)為に古くなった猟銃とかを出すのかなぁと思っていたら、一発限りの破壊兵器ですか。この辺は流石、熟練作家ヤマグチノボルだけの事は有りますなー。

総評:非難する所は見つからないんですが、「これだ!」と言える面白さも有りません。良くも悪くもバランスの取れた作品ですが、バランスが取れすぎて詰まらないとも云えます。忙しい社会人が強いて読む必要は無いでしょう。

参考URL:兎塚エイジ氏のwebサイト
usaduka_eizi


 「ゼロの使い魔」とか「道士さまといっしょ」とか、B級ラノベをメインに活躍するイラストレーター。小官的にはこつえーよりも好きなんだが、小官ばかりが好きになってもしょーがない。願わくば、黒星における時雨沢、こつえーにおける秋山、ヤスダスズヒトにおける成田、なごやこーちんにおける淺沼のような、相乗効果が望める作家さんと出会え、大ヒットしますように……。

スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。