生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンタリアン1-3

 ヒロインの少女が絵に描いたようなツンデレで、しかも「~なのです」口調……どうみても翠星石です本当に有難う御座いましたw

 内容は、クトゥルフを思わせるようなホラー展開の導入を、ラノベ的特殊能力を持ったヒロイン・ダリアンと付き添いの青年・ヒューイが解決すると言う短編集です。シリアスな話が多いのですが、メイン二人の掛け合いが面白いのでそれほど深刻にはなりませんし、中には完全ギャグの話もあったりして、兎に角読み易さに気を配っている作品だと思います。
 ただ、舞台が20c初頭のイギリスで、主人公が兵役完了後の青年(恐らく20代半ばかと)と、若年層の取り込みには苦戦しそうですが……まぁ、小官には大変しっくりくる内容だったので、文句はないんですけどねw

[総評]:読み易く肩肘張らず、中二病とも縁遠い。近来稀に見る「良いラノベ」です。これは是非世にも人にも知らしめたいものです。未読の方は是非どうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル書評 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。