生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GPM九州2-5+0
 榊版ガンパレードマーチが漸く完結。
 原作準拠の学兵の日常からスタートし、まさかの九州撤退を経て、山口防衛線、そして九州奪還……全20冊(榊ワールドではパラレル扱いとなった棺桶、もといガンオケを除く)のラストなんですが、最後の最後が「降伏すると偽って、調印の席に現れた敵の大ボスを暗殺」ってのはどーなのよw と思わなくもないです。最後は幻獣側の共生派のリーダーで王族で美少女とゆーオリキャラ・カーミラ無双だし……あの長い戦いは何だったんだろうなぁ。
 他のオリキャラ(学兵連中とか、自衛軍の下士官とか)は結構面白く書けていたのに、なんか残念な感じでした。
 次回作では、こうした制約の多い原作を離れて、独自の設定でもっと架空戦記寄りの作品を期待したいですね。

【総評】:でも「会津閥」って発想だけは凄い。いや、会津を悪役とか普通書けねぇよww
 ホント、この発想で幕末モノでも書いて欲しいです。
 あー、偽書幕末伝買って置けば良かった……。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。