生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 みなさん、東京こうていわ! SS管理人の軍曹です!
 ……って感じの挨拶を別のblogでやってみたけど無反応でした。何だよ! 寂しいな!! でも世間じゃきっと流行ってるよね? と思って検索しても、作者のサイトすら引っ掛かりませんでした(イラストレーターのサイトは引っ掛かった)。ダメじゃんorz

東京皇帝・北条恋歌
 まぁ、そんなこんなで世間的には余り高評価ではない東京皇帝・北条恋歌。主人公の平凡な高校生に、東京を支配する東京皇帝と宰相と軍司令官が惚れて三角関係っぽくなる話です。
 しかし、この小説も良くわからんなー。竹井センセは宰相がヒロインとゆーてますが、サブヒロインの筈の東京皇帝の方が目立ってたり、一巻の表紙からして東京皇帝だったり、と言うかそもそもタイトルが「東京皇帝」……アレ? 小官騙されてるんでありますか??
 でも、一番キャラが立ってるのがひより先生、じゃなくてゆかり子だったりするから愈々ややっこしい。ホント、竹井センセの書くヘタレキャラは可愛いなぁ……。

 個人的には、中二病的な騎士団と親衛隊とかそういう設定をオミットして、もっと単純に三角関係ラブコメで押して行けばずっと人気が出そうな気もするけど、ひまわりのチャペルでも似たような設定話やってたし、作者のやりたい事は多分「単純なラブコメ」じゃないんだろうなぁ。


【総評】:面白い事は面白いです。会話とか、ホントに笑えます。シチュエーションごとに綺麗に区切られており、暇な時にちょっと開いてくすっと笑えるんで、再読性も高いですし。
 ただなぁ、設定が延々続いたりするシーンは人を選ぶ気がします。ダンタリアンみたいに万人に進められる本では、無いんだよなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。