生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幕末戦史 カラーページの鳥羽伏見の戦いのイラストからして、格好良く切り込む新選組や会津兵の幕軍ではなく、半首被って横隊組んでる薩摩兵視点で吃驚。普通の歴史系ムックだと逆なんですよねー。
 まぁ、軍事史と言う観点から見れば、やっぱ官軍目線になっちゃうのは無理からぬ事。記事も幕末戦史全部を総覧してはいるけど、読んで面白いのは秋田戦線での佐賀藩兵の活躍とか、伊地知の采配が光る白河城の攻防戦だし。阿波海戦の春日褒めてる本とか他にねーよw

 あと、軍板FAQの書評で坂本犬之助が叩かれ過ぎてて吹いたw
 確かに、俺も会津贔屓・幕府贔屓丸出し──会津には正義があった! って歴史群像は戦史・戦略・戦術マガジンっすよw 大義名分がどれくらい戦闘に影響したかの考察なら兎も角、正義だからエライってあんたお門違いもいいとこです。歴史読本じゃないんだからw──の坂本センセの記事は正直読んでて頭が痛くなったけど、センセがLOGINのライターだったことを考えれば、多少同情する余地は有ります。ま、広告主には逆らえませんやねw(つか維新の嵐2の製作に関与しつつ、腐女子ゲーになるのを止められなかった/それを読者に周知出来なかったのを忘れてねーぞゴルァ!
 寧ろ、そんな状態でも一応会津戦争に於ける会津軍の指揮系統がgdgdだったと指摘してますし、これは頑張った方じゃないかと。

 そしてやっぱり思う……白河城攻防の記事はショッカー戦闘員がイーイー言ってるバージョンの方が面白かったww
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。