生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『のぼうの城』『忍びの国』の和田竜の新作。

粗筋:「何者なのだ、此奴。」
 はい、雑賀の鉄砲衆でした。おしまい。

 前ニ作と異なり、架空の舞台・人物・出来事を題材に取った小説で、歴史小説と言うよりは時代劇に近い。その為、登場人物の思考や行動が一々薄っぺらく、或いは常識を超えてしまっているために感情移入の持って行きどころが無い。お陰で、前作に有った「昼行灯みたいな人物が主家のピンチに異才を発揮!」とか「ダメ君主がピンチに陥って覚醒(ってほどでもないか)」みたいなカタルシスが無く、面白さと言う点では今一歩引けをとるような。
 ただまぁ、歴史オタク以外から見れば、ダイナミックに情勢が転変するので、読んでて飽きないのかも。登場人物も世界びっくりショーみたいな奴らばっかりだしw まーそれなら仕方ないか。
【総評】:歴オタ的には☆、世間的には☆☆☆くらいかな。
 読み易いし難しい戦国情勢解説とかも無いし、ソフトカバーで捲りやすいので、普段本を読まない人が「よっしゃ最近退職して暇になったしいっちょ本でも読んだらんかい汝どんじゃもんじゃいボケが!」って感じで読むには最適。
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。