生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2009.07.17.PHP文庫所収。著:伊東潤/イラスト:諏訪原寛幸
 北条家の武将・北条氏照の史伝風小説。
 北条家を支えた有能な一族の一人、と言うのは分かるんだけど、核になるエピソードの無い人なので如何せん盛り上がりに欠ける。一応、クライマックスは八王子城の悲壮な攻防戦なんだけど、主人公不在ではどうにも湿気った感じ。最後に至っては、突出しようとして氏直に止められて終わりだからなぁ。
 この偉人シリーズも目星い人(例えば、北条氏なら北条早雲・北条氏康・北条綱成)を全部書いてしまって、後はもう仕方なく……って事なんだろうけど、だったら氏邦etcの一族衆の短編を集めて一冊にするとかして欲しかった気がする。有名なエピソードを切り取った短編集すれば、一々分かり切った北条氏の動きを読まされると言う間延びした部分も無くなるだろうし、ねぇ。
総評:それでもまぁ、創作エピソードだらけになるよりはマシだったのかも……評価はその真面目さに免じて☆☆くらいで。
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。