生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 H24.4.20.祥伝社刊、祥伝社文庫所収。小前亮著。
 以前刊行された「王道の樹」の改題だそうですが……うーん、そのままの方が良いタイトルのような。まぁ、内容が分からないから売れないかも知れませんがw

 内容は、タイトルの通り。謝玄主人公の小説(小説十八史略の中だったかなぁ…うろ覚えスマソ)なら読んだこともあるんですが、苻堅主役ってのは珍しいですね。なんせ遊牧民族国家が漢民族の国家に侵略して負けた話ですからw
 読んでみると、余り良く知らない時代だけに何が起こるのか分からずドキドキ読み進められて良かったです。ただ、主人公に感情移入しづらくちょっと読みづらかったですが。尤も、その分脇役が個性的で、面白く無い訳じゃないんですが。個人的には、そういう脇役が光る話は世間的に既に流通しきった三国志や水滸伝でやるべきで、マイナーな時代でやられると視点がブレるんで余り好きじゃないです。

 あと、解説がひでえw
 苻堅の理想主義・多民族主義を褒めて「現代にも通づる、作者もそれを言いたかったんや!!」みたいな事を言ってますが、作中に登場する庶民夫婦や、多分作者が一番贔屓にしてる超カッコイイ慕容垂の発言から見るに、それはねーだろとw  寧ろ、「やっぱり現実主義には勝てなかったよ!(アヘ顔ダブルピース)」じゃなかろうかwww 帯の煽り文句で「縄田一男も『涙が止まらない』と絶賛!」とか言ってたけど、お前本当に読んだのかと突っ込みたいです。
ちなみに解説者の縄田一男氏は、昭和の半ばくらいからずーっと時代小説や歴史小説の解説や紹介を書いてるベテラン批評家……の筈なんですけど、どうも古い小説の解説は得意でも、新人作家の評価は難しいようで。批評家も代替わりが欲しいところですなw
【総評】:大絶賛ってほどじゃないですが、普通に面白かったです。前に読んだ作品よりは、色々改善されてますしね。今後ちょっと追い掛けてみようかと思います。
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。