生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歴史REAL vol.7 2012.07.04.洋泉社刊、洋泉社MOOK所収。

 「新政府は何故、幕府軍に勝利を収められたのか?」と言う幕末ミリオタ垂涎の見出しに惹かれて購入……したけど、ミリ関係の記事はその一本のみ。しかも、「幕府軍が勝手にミスって滅びました」ってorz
 いやまぁ、確かに行軍モードのまま薩摩軍の野戦陣地にひょこひょこ現れる幕府軍が悪いんですけどww

 その他の記事も酷いのが多い。

「奥羽列藩同盟は国家だったと言えるのか?」 藤井尚夫
 政府も領土も領民もいるから国家だよ! 近代的な意味での国民は居ないけど、ドイツ帝国もそうだったし、領邦国家だってことにしとけば問題ないよ!!
 …って言いたいみたいなんですが、それだと会津藩は朝廷に弓引いた逆賊ですよねwww 君側の奸を除きたいのであれば、国家の枠組みから出たらいかんと思うのですが。つか、外国だったら明治政府の政策に反対するのは内政干渉で、白河城を奪うのは侵略だと思うんですが。その辺、会津の人たちは気にしなかったんでしょうか。アレほど目を掛けて貰った孝明天皇の息子さんから離反し、別に帝を立てるとは何事か!? とか。

「病死説と毒殺説、孝明天皇の死因の真相は?」 中村彰彦
 病死説のスタンダード、原口論文への批判。
 典医の「21日には回復傾向に至った」と「24日夕方になって急転直下、病状が悪化した」と言う証言を元に、病死説を否定してるんですが、肝心の原口論文で既にその論拠は否定されてるんですよね。側室の書状etcから、「公式発表では回復傾向って言ってるけど、本当はヤバい」って。当時の政局に鑑み、病状を隠してたんじゃないかって。中村先生も原口論文を批判するなら、ここを覆せる資料を用意しないと。
 一昔前なら、こうして歴史読本とかで勝手な説を唱えれば、恰もそれが通説かの如く広まったけど、今じゃwikiやらなんやらで幾らでも反証集められるんでw

「『討幕の密勅』は本当に本物の勅書だったのか?」 同上
 これは…うーん、既に「薩長は横暴!」と結論づけてる人が、改めてこんな書式が違うから偽物だって言ってもどれほど意味があるのかなぁ。書いてあることはどれも事実なんだろうけど、結局当時の人がその書式の違いを元に論戦を挑めなかった以上、今更偽勅と主張してみても意味が無いです。多分、当時の会津藩要路に「これは偽造ですぞ」と教えても、それで形勢が逆転できたものか、どうか。

「徳川慶喜は本当は『大政奉還』していなかった?」 岩下哲典
 これは言葉遊びだよなぁ。

 面白い記事もあるんですよ。岩倉具視が孝明天皇を奉じて摂関政治を打破しようとしていたとか、薩摩藩の記事では義忠の動向に少ないながらも行数を割いてたり。でもなぁ、肝心の看板記事である「7つの謎」の内4つがコレではなぁ……。

【総評】:ネタとして「特別保存」ですな。
 「入門」なんだから、無理せず通説と愉快エピソードだけ拾って、「REAL(キリッ」とかやってりゃ良かったのにw どうしてこーなったwww
スポンサーサイト

テーマ:歴史全般 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。