生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2012.06.27.幻冬舎刊、三谷幸喜著。
 只管清州会議ばかりを追いかけるという異色の歴史小説。
 同時に、12人の優しい日本人とか笑の大学を書いた三谷氏らしい作品でもあったり。

 内容の方は、相変わらず裏方目線w
 一応秀吉と勝家の角逐がメインなんだけど、接待役の前田玄以が一番輝いてると思います。朝礼とか、王様のレストランかよwwww
 あと、イノシシwww独白すんなwwwww

 他には、損得勘定で動く!と自他共に認める池田恒興のキャラ造形が面白かったですね。こういう憎めない小物を書かせると本当に上手いなぁ。

 ただ、最後のオチがちょっと弱かったなぁ。
 三法師って松姫の子供だっけ? 確か松姫は信忠に嫁がず、武田滅亡時には北条に逃れた筈なんだけど。まぁ、そう言う設定なんですと言われりゃそれまでなんですが、歴史マニアとしてはちょっと残念。


【総評】:ぼちぼち面白かったです。ただ、歴史の流れを知らないとちょっと厳しいので、三谷ファンだけど歴史はわからん、と言う人は避けた方がいいんじゃないかと。
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。