生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2012.12.18.学研刊、ジェームス三木著。
 来年頭にジェームス三木脚本で『白虎隊』をやると聞いて、その原作に当たる本なのかなぁと思って買って来ました。

 内容は、西郷頼母の眼から幕末~戊辰戦争終結までを描いたものです。

 最初は、幕府重視で藩財政を顧みない容保に激怒し、領民は苦しんでるんですぞと諫言しまくっていて、こりゃーこの先どうなるか分からんぞとwktkしながら読んでいたのですが……官軍が攻めて来ると、途端に掌を返して徹底抗戦派に。あ、あれ? 本当に農民の事を考えてたら、史実の頼母と同じく恭順派になるはずなのに……なんで? ここで抗戦しちゃったら会津は火の海だよ?? つか、冒頭の「人間は被害者意識ばかり持つが、被害者は同時に加害者なのである…」なんて書き出しは、あからさまに「被害者」会津が同時に農民に対しては加害者であった事を示唆してるんじゃなかったの? これで「会津一億火の玉だ!」じゃ、冒頭の話は意味がなくなっちゃうんじゃ……??

 まぁ、ジェームス三木程の御大を以ってしても、観光史観の牙城・会津は崩せなかったって事なんでしょうねww
 それでも最後の最後で、百姓が決起して落ち武者狩りを行い、頼母がそれに絡まれるシーンや、母成峠失陥の理由に会津の内政の悲惨さを上げてるシーン等、他の会津マンセーの流れと繋がらない、一見ちぐはぐなエピソードを挿入したのは、ジェームス三木一流の抵抗……と深読みできなくもないです。
 特に横山主税にションベン漏らさせた小説家は、多分この世に一人だけでしょうwww 何か会津に含むところがあったのかも知れませんね(意味深

 その他、気になるところを幾つか。

1)孝明天皇暗殺説を採用
 いや、これはもう否定されちゃってるんですが……wiki参照。

2)坂本龍馬暗殺の黒幕は薩長
 えええええ
 手代木直右衛門の手記で「某諸侯の命を受けて弟に暗殺を指示しますた」ってあるのにw

3)遺体埋葬禁止令
 会津がなかなか降伏しないから、怒った官軍が会津兵の遺体を掘り返して野晒にしたって……ああ、戊辰戦争後に出されたという「遺体埋葬禁止令」が無かったって分かったから、戦争終結前にずらしたんですねwwwwなるほどwwwwwwww
 そんな軍令が見付かったら大発見だと思うので、是非巻末で解説書いてる☆先生に伝えてあげて下さい。

4)白河城の戦いの描写が薄すぎる
 作中では白河城は一度の攻撃で陥落してますが、官軍に依る攻撃は二回です。
 まぁ、全体の流れには余り関係ないから良いんですが。

5)白虎隊が火縄銃持ってるww
 出陣前に土方に元込銃の撃ち方習ってるのに、持って出た銃は何故か火縄銃ww
 てっきり、所謂マンソー騎兵銃説@中村彰彦を採用したかと思ったのにwwww

6)東武皇帝ばんざーい!
 先帝の信任を受けたのに、その後継者を尊重せずに勝手に弟を立てて敵対する事について、容保は全く良心が痛まなかったのかなぁ。このシーン、部下が盛り上がってるだけで容保公出て来ないし。折角東武皇帝出したんだから、是非ジェームス三木流解釈でこの時の会津候の心境を描いて欲しかったです。それが歴史小説の醍醐味ってもんでしょ?

 突っ込みどころは主に後半で、後ろに行けば行くほど構成の乱れが酷いです。
 しかも、巻末には取ってつけたような☆先生の解説……やっぱり、完成間際で妙な具合に干渉されたのかなぁ。



【総評】:前半名作、後半凡作。
 穿った見方をすると、小説書いただけでこんだけ干渉されるんじゃ、ドラマなんて相当「監修」されてるんじゃ……!?
 当日は十分な「覚悟」を以って臨みたく思いますww
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。