生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2005.06.10.芳文社刊、まんがタイムきららコミックス所収。
 作:桑原ひひひ
粗筋……
 保健医に母親の命を助けて貰ったきつねのこくりは、メイドに化けて保健室に恩返しに赴く。しかし、そこはマニアックな保健医や眼鏡好き、保健室登校の女子校生等がたむろする人外魔境であった。果たしてこくりさんは無事恩返しが出来るのか? と云う感じでは余り無い「萌え四コマ」です。
 『俺フェチ』で有名な桑原センセイの作品。俺フェチよりもシュールなネタが減少し、無垢なメイドキャラ・こくりさんを中心に萌え系の、彼女の魅力を引き出す話が多く成っている(個人的には、こくりのお母さんである葉子がお気に入りです。史上最も可愛い九尾の狐とは彼女の事かとw)。
 無論桑原センセイお得意のシュールなネタが無いわけでは無く、病的な眼鏡フェチのあんずなんかは、その系譜を引いているキャラであり、総じて「萌えてよし、笑ってよし」の標準的な四コマになっている。

総評:まぁまぁ。暇な人はご一読を。ただ、「毒」が少な目なので桑原ファンには少し物足りないかも……。

参考URL:
phbana

桑原ひひひ氏のサイト


houtou
過去ログ20056aの六月三日付記事にて「きつねさんに化かされたい」紹介記事。

スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。