生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ガンスリ」
 エッタに妹の服まで着せて、ジョゼの病もいよいよ硬膏に入ったか……と思いきや、FANTASMAを見たのはジャンさんの方と云う罠w みんな病んでるなぁ。

 ちなみに、軍板で「ガンスリ」の紹介を見て「女の子に銃を持たせて戦わせてハァハァするなんてどうかしている」「シエラレオネのチャイルドソルジャーの実態を見せたらアニオタ共もビビルだろうなw」なーんて云ってる人がいましたが、大丈夫、折込済みですよw

「よつばと」
 いいお父さんだなぁ。

「TH2」

 御屋形はるかの絵は変な臭みが無くていいなぁ。
 あと、委員長可愛いなぁ。
 思わずTH2がやりたくなってしまうなぁ……。

「灼眼のシャナ」
 しゃなげ閣下は「いとうのいぢじゃないのかyo! イラネ( ´∀`)つ ミ」と仰っておられましたが、いやいやなかなか、笹倉綾人もロリ系短編集「少女流幸福攫取論」で2004年度成年コミック売上11位を得た程の人材……油断はなりませんぞ(何に?

「かみちゅ」
 日本画風の神様の世界を見て、「朝霧の巫女」の妖怪を思い出しましたw

「はやて×ブレード」
 順&夕歩のちょっとイイ話。
 しかし、実質的にははやての敗北の筈なんだが……なんかこう、もっと落ち込んだり修行したり豁然と悟ったりしなくて大丈夫なんか? まぁ、はやてはそーゆーキャラじゃないか。バカだしw

「月姫」
 アニメより人物が柔らかくなってるような気がする。お陰で、何とか読めるけど……矢張り原作の後追いでしか無いと云う欠点は拭えないなぁ。

「フタコイオルタ」
 公彦さんまでしっかりギャグに付き合っててワラタ
 漫画版はこの調子でアニメでのシリアスな展開に至る前の「幸せな時間」を見せて欲しいです。

「サイレーン」

 ホークの広報要員が男と知ってポカーンとしてる北斗が良い味出してます。今後、女の子の追っかけに悩まされるんだろうなぁw

「かしまし」
 ツンデレとまりが遂にその本性を明かに!

「苺ましまろ」
 美羽の嫌われっぷりに全米が泣いた。あと、アニメ化にも。

「マブラヴオルタ」
 綾峰大活躍の巻。
 矢張りこうした息抜きのシーンも交えて行かないと、マブラヴみたいな超メジャー作品を最後まで引っ張るのは難しいですな。
 まぁ、そんな理屈は抜きにして埋められてる壬姫に萌えますた。

「ガンダム」
 ええい、ノーマルスーツを着てると誰が誰かわからん! 取り敢えず全員脱げ(無理

「ファフナー」
 飛ばし

「アドバンス・オブ・Z」

 若手兵士死亡。まぁ、前回で長々自分語りをしていたので、早晩死ぬなぁとは思っていたのですがw

「永久アリス」

 相変わらずエロ過ぎですよ須羽サンッ!!

「猫神たま」
 はせ☆裕センセ、メイドものから一転して「退魔モノ」の新シリーズで再登場……だが、矢張りロリw アリスとはまた違った方向でエロスです。電撃の読者が付いて来れるか心配ですが。

「ニニンがシノブ伝」
 確かに、深夜アニメの取り逃しは腹が立ちますね。尤も、100%深夜アニメを見逃さない小官には縁のない話ですが(ヒント:夕方5時から朝の5時まで仕事中)。

「ミツヨシ」
 豊富なギミックと迫力のある構図から繰り出されるアメコミ風アクションは健在。
 何時も通りの面白さです。ストーリーの方も動き出した見たいだし、次回が楽しみ。

「宵闇眩燈草紙」
 P.448とか良くチェック通ったなぁw

「ダークウィスパー」
 飛ばし

「百合星人ナオコサン」
 今回はナオコサンとみすずの馴れ初めからスタート。
 どうでも良いけど、カラス飛びすぎw

 此処数ヶ月の電撃大王は、読み飛ばす部分が殆ど無い。
 2003年頃には、半分くらいは読み飛ばしてしまう漫画が有った物なのだが……大した物である。何となく、「アナルマン」が乗っていた頃のカオスっぷりを思い出す活気を感じてしまい、嬉しくなった。今後もこの調子で頑張って欲しい物である。
公式サイト:
『電撃大王2005年8月号』
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。