生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2005.05.31.イーグルパブリシング刊、パンプキンオリジナル所収。
 著:羅姦中/イラスト:kyo
粗筋……
 時は後漢末、董卓の横暴に苦しむ少年皇帝・献帝は、一人の女と出会う。その女は強く、妖艶で、危険な香りがした。名を、貂蝉と云う───。
 三国志の世界を、漢王朝復興を狙う王允のエージェントとして活躍する美女・貂蝉を中心に据えて描いたエロ小説。
 三国志をエロ小説にしてしまった作者の力量には敬服。有名人からマイナーキャラまで取り揃え、破綻無く物語を進めている辺りは、三国志マニアも唸る程の出来。
 しかしエロ小説としての観点から見ると、登場するヒロインが「エロ小説的な意味で」個性に乏しく、全員年増・長身・巨乳のモデル体型とワンパターンであったり、エロシーンの描写が少なかったりと、残念ながら及第点には程遠い出来であると云わざるを得ない。

総評:表紙の綺麗さ「三国志」のネームバリューで売り逃げするインパクト勝負の一冊。購入の必要は無いが、面白アイテムとしてブックオフで見掛けたら買って見るのも一興かもしれない。
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。