生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2005.07.15.早川書房刊、ハヤカワ文庫JA所収。
 著:森岡浩之/イラスト:赤井孝美。
粗筋……
 紙媒体のメディア「同人誌」を持ち寄って、即売会を開くと云うアーヴの伝統的な宴「ソビーク」の様子を描いた「饗宴」や、遠い未来まで「眼鏡」「お下げ」「雀斑」の伝統を守り続けてきた「委員長」一族を描いた「秘蹟」、「台所」や「発芽」、「首吊り」に拘るとある地上種族の交信を監視する羽目になったソバーシュの悲哀を描いた「戦慄」等、アーヴの隠された一面(いや寧ろ、アーヴが母都市を滅ぼした事に非常に強い罪の意識を感じており、その文化の継承に全力を尽くしている事を考えると、こちらが本質なのかも知れないw)を題材とした短編集。
 内容は真面目な物と、上で取り上げたようなギャグ調の物が半々くらい。裏表紙のあらすじ紹介の部分を見るにつけ、編集サイドは真面目な外伝として出したかったんだろーなーと云うのがヒシヒシと伝わって来ますw しかしまぁ、こう云う「お遊び」の部分こそ、星界が他の頭の堅いSFとは一線を画している部分なので、今後もこの調子でI、IIと進めて欲しいものです……気に入らないとは思いますがw
総評:外伝なので、本編からドロップアウトしちゃった人でも気軽に読めます。非常に短い短編集なので、この機会に是非お手に取って読んで頂きたいものです。
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。