生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LEO 2005.07.25.光文社刊、光文社ノベルス四六判ソフトカバー。
 著:三雲岳斗
粗筋……
 有名な天才レオナルド・ダ・ヴィンチが、友人のミラノ宰相・ルドヴィコや貴婦人・チェチリアらの持ち込む怪事件を解き明かす短編推理小説集。
 ジャンル上は推理小説だが、ミステリーと云うには謎が弱いので、此処は寧ろ三雲の描くレオナルドの飄逸とした姿や、中世のミラノの風景等などを楽しむ「時代小説」として読んだ方が楽しめるんじゃないかと思う。丁度今やってる大航海時代onlineと同じ時代だしね(まぁ、onlineではミラノは登場せず、レオナルドもマルセイユに連れ去られてるけどw)。
総評:カーマロカよりは格段に面白くなっているので、三雲ファンも是非。確かにお気に入りの作家の急激なジャンル変更は許し難い物があるとは思うけど、騙されたと思って読んで見て欲しいです。
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。