生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
shift 2005.07.30.メディアワークス刊、ハードカバー単行本。
 著:うえお久光
粗筋……
 寝るとMMOっぽいワールドに意識が飛ばされ、仮初の肉体を纏って転生する現象「シフト」。この現象によって生じた世界では、正に弱肉強食のファンタジーワールドが繰り広げられていた。横行する暴力、殺人、そしてレイプ、性風俗……そんな羨ましいワールドで、ひっそりと身を隠して生きるリザードマンのラケルと初心者戦士のセラは、オーク横丁でそれなりに平和な日々を過ごしていた。しかし、彼らの平穏を乱す魔(正義?)の手は、すぐ傍まで迫っていたのであった……。
 「女性の被レイプ率40%の世界」にウケまくり。ここはヨハネスブルグかよw
 しかしまぁ、エロokのMMO世界でしかも中高生オンリー(「シフト」は中高生にしか起きないらしい)だったらやっぱりそーなっちゃうんだろうなぁ……こんな世界をライトノベルで再現したうえお先生に敬服。流石、イハナとガンガンやっちゃうだけの事はあるわい。
 内容の方は、例によって善悪の逆転が綺麗に決まり、うえお作品ならではの面白さを堪能出来ます。次の巻にはきっと今度は怪物討伐派のリカルドが登場し、これまた世の常のラノベ作家が陥り易い薄っぺらい悪役像を覆すようなナイスガイっぷりを発揮してくれる事でしょう。ラケルとセラの恋の行方と共に、非常に気になります。
 それにしても、こんなに電撃文庫向きの作品がどーしてハードカバー? 挿絵を入れたら大売れ間違い無しの作品なのに。やっぱ文庫よりハードカバーの方が儲かるのかなぁ……詳しい人、ご教示願います。
総評:挿絵はないが、面白さはいつもの「うえお」です。「悪魔のミカタ」以来のファンの方も、「悪魔」ブームに乗り遅れてしまった方も、是非御覧になって下さい。1600円の価値は、有ると思いますので。
個人的ツッコミ1
 このシフトの世界では、夢世界での正体を現実世界でばらすと、報復の対象になりかねないので、みんな非常にその匿名性に気を付けているのだが……それは飽くまで不特定多数が存在するフツーの学校の話。もし、「少年工科学校」の連中がシフトしていたら、きっとバリバリに統率の取れた行動と殆ど共産主義じみた物資の流通ですげー事になってるんじゃないかなーとw その他にも、「朝鮮学校」の連中がシフトして来ていたら、同胞意識で固まって日本人狩りとか女狩り(何せ相当の強姦大国ですから……)とか始まるんじゃないかとか……案外フツーでない学校とゆーヤツは日本にも数多く存在しており、とてもじゃないけどうえお先生のシミュレーション通りには行かないよーな気がする。

 ま、面白さの為には多少のご都合主義は止むを得ないかw

個人的ツッコミ2
 ラケル君、怪物系と云う事でえれー忌み嫌われてますが……リザードマンとかドラゴニュートってスペック的に人気の種族のような気がw まぁ、ランダムで割り振られちゃうし中高生ワールドだし、あんまり怪物系が好かれないのもしゃーないか。
 ちなみに、小官がシフトするとしたら……ゴブリンとかがえーなー。ゴブリンPC7人集めて、ゴブリン忍邪隊とか作んねん……(飯野信者(〃 ̄ー ̄〃)

スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。