生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
goodby_64.jpg

 これはTOP社製の電動ガン「六十四式小銃」である。
 六十四式小銃は自衛隊の制式小銃であり、小官がG3A4に続いて購入した二挺目の電動ガン。購入後二回くらいは自衛隊コスとセットで持って行ったが、余りの重量・長さに辟易。特に当時のメインフィールドは佐野タクティクスだったので、野戦用の六十四式小銃の取り回しの悪さは致命的であった。
 結局、フロンティアの安売りMP5Kを買ってしまったので、六十四式小銃の出番は無くなってしまい、以後は箱から出す事も希になってしまった……マルイの電動ガンならそのまま死蔵しておいてもいいのだが、TOPの電動ガンはダイキャストパーツが多い為年に一度くらいは箱から出して掃除をしなければならない(さもないと、ボロボロになってしまう)。しかし、元来が面倒臭がりな小官は五年程箱に入れっぱなしで放置したりしており、六十四式小銃ユーザーとして内心忸怩たる思いがあり、予てよりささっきー閣下に「自衛官で良心的なユーザーは居ないか」と打診していたのだが……この度、遂にこの六十四式小銃を托すに足る人物を発見したとの話が有り、京都に送る事になった。

 しかし、長年放置して来た銃とは云えいざ送るとなって見ればなかなか惜しいもの。
 そこで、9/11付のサバゲで「さよなら六十四式小銃祭」(参加者1名)を開催し、存分に振り回し、撃ちまくろうと思っていたのだが……くっ、あのゴンタクレが。結局、過疎blogでの「しょんぼり六十四式小銃撮影会」となってしまったorz

 まぁ、気を取り直して今回のエントリーでは六十四式小銃の魅力を余す所無く伝えて行きたいと思う。
 六十四式小銃の魅力は何と云ってもこの「ア・タ・レ」セレクター。
atare.jpg

 「アタレアタレと云う呪文」(by区隊長)ではなく、安全・単発・連発を示している。また、欧米の銃と異なりセレクターが右に付いているのも特徴である。民間のガンマニアからは「操作し難い」と批評される事が多いが、匍匐した時にセレクターが動かないように出来ており、サバゲは兎も角演習等ではなかなか便利である。
 ただ、お陰でマルイのメカボが組み込めないとゆートイガンとしては致命的な難点も出来ちゃったんだけどね_| ̄|○

bayonet.jpg

 六十四式小銃のもう一つの特徴、着剣ラグ
 最近の警察用・特殊部隊用カービン銃には無いなかなか武骨なパーツであり、流石軍用銃の面目躍如と云うところか。
 但し、銃剣合計\42,000-もしてしまうのが玉に瑕……(まぁ、あるだけでもマシではあるのですが)。

2006-02-07_20-10-59_anime.gif

(gifアニメ製作……「GIFアニメ工房」

 そうそう、この折畳式照星も思い出深いです……ブッシュに入ると速攻倒れて。
 セレクターが右に付いてる事とかはフォロー可能なんですが、こればっかりは何とも。

64mag.jpg
 ……これは極め付け、「作動しない電動500連マガジン」
 ウィンウィンと音を立てるばかりで殆ど弾を送ってくれない、全国の六十四式小銃ユーザー共通の悩みの種です。せめて多弾マグくらい動いてくれたら、多少本体の性能が劣っていても(初速65m/sでも)使えたんですが……。
 結局、ノーマルマガジンだけで戦ってましたorz

kokuin.jpg

 まぁ、終わってしまえば全て良い思い出です。
 さようなら、そして有り難う六十四式小銃。
 これからは新しいオーナーの元で可愛がって貰ってください。
 
 
 
 
 






type89.jpg

 そしてこんにちは東京マルイ製89式小銃(ぉ
 まぁ、こっちはこっちで中止になりそうな気がしないでもないんだが(「MP40の悲劇」っつー前例もあるしね……
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。