生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 パレスチナとの領土的確執のせいで、常に否定的に語られがちなイスラエルですが、今回は素早い謝罪と対応を見せ、日頃の「悪の帝国」っぷりを返上。
「イスラエル船会社、衝突認め謝罪 根室沖の漁船転覆事故」asahi.com
 北海道根室市沖の漁船転覆事故で、イスラエル船籍のコンテナ船を所有するZIM社(本社・ハイファ)は3日、同社の船が第3新生丸と衝突したことを認め、遺族を支援する意向を表明した。ZIM社の親会社の会長と社長がテルアビブの日本大使館を訪れ、横田淳大使に伝えた。
(中略)
 オフェル会長は大使と会うなり日本語で「ごめんなさい」と言い、その後犠牲者への弔意を表す時も2回繰り返したという。
 「第18光洋丸」「からしま」を沈めて置いて知らん振りのどこぞの国とはえらい違いです。マスコミによるパッシングにも関わらず、日本のミリオタの中には「メルカバまんせー」とか「ガリルまんせー」と云うイスラエルオタが少なく無いのですが、こーゆー対応を見る限り、むべなるかな、って感じです。
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。