生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pokelori H17.10.01.角川書店刊、角川スニーカー文庫所収。
 著:竹井10日/イラスト:池上茜
粗筋……
 スク水、プリンセス、ウェイトレス、メイド、弓道着、セーラー服、ブルマ、天使、悪魔等の属性を持つ女の子型モンスター「ポケロリ」と人類が共存する世界が舞台。天才ポケロリ使いの山風忍は、生き別れとなった天使ポケロリを探して旅をしていた。その道中でポケロリに襲われていたお嬢様を助けた事から、忍は事件に巻き込まれて行く……。
 名作『秋桜の空に』marron)のシナリオライターとして有名な竹井氏がラノベデビュー!と云う衝撃作。
 内容の方は相変わらずの竹井節が効いており、日常会話が面白かった。特に主人公とスク水ポケロリ・瞳亜(とうあ……「しょうあ」じゃないよw)やツンデレプリンセス系・アレッシアらとの会話は秀逸……と云うか、敵を目の前にして告白とかで揉めるなw あと戦闘シーンも良かったです、バカバカしくて。
 しかし、設定が詰め込み過ぎで理解し難くなっている事、それに伴って専門用語が羅列されて理解し難い事等は、ライトノベルとしては大きな失点。このテのミスって何処かで見た事あるよなーと思っていたら、八坂の門だったw 初の個人作業で好みがもろに出てしまったんだろうか? 次回以降は補正して欲しいものである。
総評:あの……瞳亜が、はるぴーにしか見え無いんですが……病院に行った方が良いでしょうか?
参考サイト:
pkllbana
 作者自身に依る紹介サイト……って全然紹介になってないんだけどw
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。