生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 靖国問題で重大な憲法20条、政教分離の原則違反をしてしまったファシスト小泉がまたもやってくれました!
小泉首相がラマダンの宴・中東の大使を官邸に招待へ
 小泉純一郎首相が24日夕、首相官邸にイスラム諸国の駐日大使を招き、イスラム教の断食月、ラマダンにちなんだ宴を開く。ラマダン期間中、日没後に最初にとる「イフタール」と呼ばれる食事を共にするもので、各国大使が料理を持ち寄る予定だ。イラクやエジプトなど中東諸国を中心に約40カ国の大使を招待している。

 宗教行事を官邸で行うなんて、全く非常識極まりますね! 靖国訴訟を起こした皆さんは早速訴訟を起こしましょう。回教徒共を皆殺しです!!

 ……と云うのは冗談として、この企画はかなり良いですね。対内的には靖国神社参拝問題を相対化出来ますし、対外的には最近色々揉めがちなイスラム教国と歓談の機会を得て友好を深められます。何より、この招きに東南アジアのイスラム諸国(マレーシア、シンガポール、インドネシア辺りかな?)が応じてくれれば、「靖国神社参拝にアジア諸国が反発している」と云うデマを国際的に打ち消す事が出来るわけですから。正に「神の一手」。
 アンチ小泉の皆様はこんな政治のバケモノと戦わなきゃいかんのか。大変ですなー(-∧-;) ナムナム
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。