生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TME02 2005.09.30.朝日ソノラマ刊、ソノラマ文庫所収。
 著:小川一水/イラスト:長澤真
粗筋……
 ルテニアに占領された祖国を救うべく、東方の大国・采陽に向かった千マイル急行(TME)は、逆に采陽で囚われの身となってしまう。しかし、悲嘆にくれる彼らの前に、東の果ての入植地・カレルの使節団が現れた事から事態は急変。TMEは新天地を目指し、一路カレルへと脱出する……。
 TMEで辺境を開発する、と云うネタは無論「テラ・ザ・ガンスリンガー」ファンの小官としては考え無いでもなかったが……真逆全く伏線も無くカレルとゆー土地が飛び出すとは予想だにしなかったなぁ。地図を見れば、まぁそこに行くしか無いと云うのは分かりきった話なんですが、どうにも地図から先の話を予測すると云う習慣が薄く、すっかり裏を書かれましたわい。まぁ、兎に角上巻の読了時に建てた最悪の予想(TMEで「謝罪と賠償」旅行)が外れてヨカッタヨカッタ。
 内容の方は、今回は目標がはっきりしているので、単なる逃避行だった上巻とは打って変わって希望に満ちた旅路となっている。エイヴァリーの誇る鉄道技術が実は全て盗作だったと云う辺りもなかなか面白い逆転劇でしたし、そこからの立ち直り──だが、それを使ってTMEと云うサービスを確立したのは確かにエイヴァリー人だった──は見事でした。ただ、その後のエイヴァリーの闇を牛耳る機関が云々とか更にそれをテオの父親が壊したとかそーゆー話は蛇足だったかも。もっと素直に冒険活劇にして欲しかったなー。
総評:まぁ、買って損する内容ではないです。小川ファンには相変わらずお勧めです(小官は少しだけ飽きて来たので、暫くお休みですが)。
追記:そっかー、鉄公爵って鉄道嫌いだったのか……自称ナポレオニックファンなのに全然知らなかった。眼福、眼福。

スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。