生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 本日は「しゃなげ隊」DAYと云う事で、例によってB級映画を求めて有楽町を彷徨う。当初予定はB級ちょい未来SF映画「ステルス」であったが、しゃなげ閣下が既に見ていると云う事で急遽「シン・シティ」に変更。

 内容は、シン・シティと云う荒れた町を舞台に起こる三つの事件を描いたオムニバス形式。
 CMなんかを見ると、ちょっとアキバ系カップル用オサレ映画っぽいですが、実際には血がドバドバ出捲くるハードボイルド系アメコミ調のB級アクションでした。うーん、CMの「この町では、愛さえも戦いだ」みたいなキャッチに騙されて見に行っちゃったカップルなんかどうするんだろう……。
 それでもまぁ、最初の刑事モノはハードボイルドとして納得出来ますし、次の娼婦の話もちょっと変なキルビルが手裏剣投げたりしてますがこれはこれで切ないお話なのでいいでしょう。問題はその次、出所した刑事の話です。
 冒頭の刑事モノで、11歳の金髪幼女をレイプしようとした上院議員の息子を意識不明に追い込んだ刑事は、八年後に漸く出所します。そこに父親の力で復活した息子が復讐に来るのですが……

sincity02.jpg
 ちょwwwwwおまwwwwwwそれどこのフェレンギ人?wwww
 なんだか八年間も刑事を想っていた少女の話とか、敢えて彼女を抱かなかった老刑事の心意気とかもうすっかり台無しです。そりゃー怒って刑事も金玉潰すよ!
総評:折角のハードボイルドも黄色で台無し……色使いは大事ってことで。
公式サイト:『シン・シティ』
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。