生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
john_dee.jpg

 John Dee,1527-1608.
 イギリスの「魔術師」

 元はイギリスの劇作家。ロンドン塔に幽閉されていた王女エリザベスに早くから接近した為、彼女がエリザベス一世として即位すると大いに寵愛された。しかし、富貴を得ると今度は「天使の声が聞こえる」と称する詐欺師エドワード・ケリーによって引っ張りまわされ、天使との交信方法を暗号で記した「エノク書」を書いたり怪しい儀式にのめり込んでしまう……そう、大航海時代onlineでPC達が習う「身体言語」と云うのは正にこの「天使と交信する為の会話」なんですなw 何せ天使には地上の言語は通じないので、ボディでランゲッジするしかないww

 ──ちなみに、ロバート・ターナーはこの「エノク書」こそが『魔導書ネクロノミコン』と比定している(洋泉社『トンデモ本の逆襲』より)──

 晩年、彼の乱行はロンドン市民の批判を浴び、暴徒に襲撃されると云う事態を招いてしまう。女王の勧めでヨーロッパに逃亡した彼は、丁度当時彼の著作が流行していた事も有って各地で歓待された。しかし、ケリーがオーストリアで神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ二世を騙し損ね、処刑されてしまう。
 すっかり目が覚めたジョン・ディーはロンドンに戻るが、ロンドンの彼の邸宅は暴徒によって掠奪されており、貴重な彼の蔵書は完全に失われていた。以後、彼はマンチェスターのキリスト教系大学の学長として余生を過ごした。
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。