生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WTM 2005.10.27.初版発行(小官が所持しているのは2005.11.30.発行の第二版)、大日本絵画刊。著:モリナガ・ヨウ
概要……
 ww2戦車、自衛隊戦車、現代各国戦車等のシリーズを生み出した「ワールドタンクミュージアム(以下、WTMと呼称)」に付属している「解説イラスト」を収録した画集。1??7弾+IRC(ミニラジコン)までのシークレットを含む全てのイラストが収録されている。また、巻末にはモデルグラフィックス誌に収録されたWTM工場見学記等も付属している。
 やっと第二版キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
 これまでは矢鱈と名のみ高くて売り切ればかりで実物を手に入れられなかったのですが、遂にAmazonやセブンアンドアイなんかでも扱われるようになりました……近所の本屋には相変わらず入ってませんがw(つーか、田舎の本屋は兎も角、とらのあなとかのオタ系書店で取り扱ってないのはどーかと思います)
 内容の方は、WTMパンフの通り。戦車の意外な実態を、温か味の有る飄逸な絵柄で見事に活写しております。そっかー、重量が大きいと機械的な信頼性の低下以外にも轍が残ったり回収車が無いとかのデメリットが有るのか(p.77)とか、某戦車戦ゲームみたいに信地旋回やったらすぐにギアが壊れちまう(P.121)とか、川を渡る時にシェルツェンを敷いた(P.123)とか、戦車の意外なこぼれ話が盛り沢山。
 加えて、その後の調査で分かった事なんかも別途追記されており、コンプした人でも楽しめるようになっています。これなら、増え続ける食玩書籍ゲームetcの為に机の上のWTMを片付ける羽目になっても我慢出来そうです。有難うWTM、そしてこんにちは、第八弾WTM(ぉ
総評:戦車ビギナーからマニアまで全ての人に楽しんで頂きたいです。お暇な方は是非ご一読を。新たな世界が開ける事間違いナシです。
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。