生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hayate4 2005.12.15.小学館刊、少年サンデーコミックス所収。漫画:畑健二郎。
粗筋……
 ナギとハヤテはマリアの手配で学校に行く事に。
 そこには、エキセントリックな先生やしっかり者の生徒会長、ホモ主従等新しい登場人物が待ち受けているのであった。
 今回も岡田屋のアンドロメダ焼き@トップをねらえとか、「世界を革命しない力」@ウテナとか、カッ○ュ博士@Gガンとか色々なネタが満載でしたが、ミリオタ的に嬉しかったのは矢張りコレ↓ですね。

mg42_hayate.jpg

 重量11.6kgを片手で持つとは、流石コンバットバトラーw
 にしても、

mg42_hayate2.jpg

 ケルベロスの武器はMG42じゃなくてMG34だよなぁと思ってしまう小官は矢張りファースト厨ってやつでしょうか。
 一応、ワイマール体制下の日本はアメリカならぬドイツに占領され、終戦後に再建された警察には余剰のM1ガーランドならぬMG34が支給されると言う裏設定が有った筈なのですが……それ故に、自衛隊のプロテクト・ギア部隊がMG42を装備したりする事に意義が有ったんだけどなぁ。人狼から入った人にはどーでもいい事なんじゃろうかのぅ。
総評:小官としては、オタネタもナギとハヤテの恋模様も非常に先行き楽しみなんですが……サンデーの一般読者に受け入れられるか非常に心配です。どの辺でオタク・ブースターを切り離すかが問題ですなぁ。
公式サイト『ハヤテのごとく』4
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。