生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
aicora 2005.12.15.小学館刊、少年サンデーコミックス所収。漫画:井上和郎。
粗筋……
 高校進学の為に上京して来た前田ハチベエは、ひょんな事から女子寮で生活する羽目に。そこで出会ったのは、理想の「目」を持つ同級生・天幕桜子を始めとし、理想の「声」を持つ先輩・鳳桐乃、理想の「胸」を持つ後輩・月野弓雁(ゆかり)、理想の「脚」を持つ教師・雨柳つばめの四人の美女だった……。
 「美鳥の日々」の井上先生の新作なんですが、ヒロインが非常に斬新で、サンデーらしからぬ萌えキャラだった前作に比べると、今ひとつヒロインに入れ込めません。こーゆー気の強いキャラは、もうお腹一杯です(ひょっとしたら、近頃流行のツンデレでも狙ってるのかも知れませんが、ツンデレは男が追い駆けたら成立しないw)。
 恐らく、前作で脇役の委員長キャラが思いの他人気が出たので切り替えたのでしょうねー。真っ向正面萌えオタ野郎の小官的には余り評価すべき作品ではないのですが、サンデーの主要読者層の最早信仰と言っても過言ではない「イーブン主義(主人公とヒロインが必ず同年齢で同立場)を考え合わせれば、この作品は「美鳥」以上の人気を得られるものと思います。ああ、後は中盤からトーナメントもやれば完璧w
総評:オタク・ブースター切捨て作戦の典型的な成功例ですな。適当に頑張って下さい。さようならw
公式サイト:『あいこら』
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。