生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
zenron_koumei 2004.06.14.講談社刊、ハードカバー。著:渡辺精一。
 労作「三国志人名辞典」等を手掛け、三国志関係では一定の評価を得ている渡辺氏による、諸葛孔明に関して古人が残した記述を纏めた歴史教養書。
 その収集範囲は張裔・呂凱・劉曄・トウ芝・司馬懿etcの同時代人から始まり、李世民・李贅(李卓吾)等の世界史の有名人や中国各地に残る碑文、そして日本の歴史上の文書に現れる孔明像にまで及んでおり、正に古今東西の様々な文章が集められている……尤も、半分くらいは「北伐における魏延の長安奇襲作戦は是か非か」に終始してるんだけどね(^^; どうやら、三国志を知るとついつい「魏延の長安奇襲作戦」を語りたくなっちゃうのは洋の東西を問わないらしいw もー、みんなIF戦記好きなんだからぁw
【総評】:ガチの三国志マニアなら、手許に置いとくのも良いかも。でも、値段の割りには内容はショボい(別に渡辺氏がショボイと云うわけでは無く、中国の士太夫の議論と云うのは、沢山並べれば並べる程に「個性」が無くなって来て退屈なんですw)ので、図書館等での閲覧をお勧めしたい。
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。