生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ottomanturk
 昨夜10時頃、前々から噂されていたオスマン帝国が遂に侵攻を開始した模様。
 地味に東地中海のヴェネツィア同盟港の影響度を削ってくるのかなーと思いきや、オスマン帝国の旗を掲げたNPC艦隊が東地中海からパルマに向けて一海域ずつ移動し、PC艦隊と交戦したらしい。その強さは凄まじく、戦闘レベルをカンストした最強商会員3氏でさえ、ソロでの勝利は不可能と結論付けたほど。この報告に商会の軍人達は一様に昂奮するが、皆インドやアフリカに居たり軍備が整っていなかったりして戦機を逃してしまう……これで相当の欲求不満を抱え込んで仕舞ったようだが、まぁこの欲求不満が有る限り引退はしないでしょうなw 最近軍人の引退が増えていたので、このカンフル剤の投入タイミングはやや遅きに失した感も有るが、手法としてはまずまず。小官も久々にセカンドの軍人・ウォーフ少佐を動かしたくなって来ちゃいましたw
管理人註:オスマン帝国
 最近はオスマントルコはオスマン朝・オスマン帝国と云い、トルコを付けないのが流行らしい。
 何でもwikiの「オスマン帝国」の項目に依れば、オスマン政府はイスラム圏全体を支配する帝国を自認し、滅亡寸前までトルコ民族としての国家と云う意識は持たなかったかららしい。
 まぁ、wikiの信憑性については安部官房長官騒動156cm騒動等に見られる如く必ずしも高いとは云えないが、この記述に関しては「歴史ぱびりよん」辺りの情報とも合致するので有る程度信頼しても良いかも知れない。

スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。