生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 …………
 ……
 …
 すまん、正直こんなにグダグダになるとは思わなかったorz

 主人公・伊庭の言動はその場その場では理屈が通っている(家康に味方をしなかったり、逆におりんが死んでも家康に敵対しないのは飽くまで未来を守る為、また最後に嶋村を助けるのは非戦の自衛隊だから)ように感じられるんだけど、全体としてみるとどうにもチグハグで、最後のシーンも盛り上がりが感じられない。
 小早川の事を平和の為に敢えて汚名を被った武将として描くと云う着眼点はなかなか面白かったし、農民になった自衛官が一人生き残ったり、嶋村が歴史上の人物に成り代わると云う旧作へのオマージュも良かった。発売を前にMARUI89式小銃が沢山見られたのも、ガンマニアとしては眼福至極……と、個別に切り取れば見所も多かっただけに、全体に微妙に漂うグダグダ感が非常に残念だった。
【総評】:色々云っちゃったけど、精鋭部隊アルファロメオでは無く、かと云って自衛隊が協力を拒否しちゃうような野獣の群れでも無く、現代に基盤を持つ「普通の自衛隊」がタイムスリップしちゃったら? というifを描く野心的な試みは、評価に値すると思う。
 これを機に、自衛隊モノが増えたりすると嬉しいなっと。

 ……でも矢張り戦術がヘタ過ぎ(^^;
 ヘリの拠点には自衛官じゃなくても良いから見張りくらい立てて置けよ……。
 戦車には随伴歩兵ならぬ随伴足軽衆や随伴舞兵庫や随伴旗本七手組を付けて戦果の拡大を謀れよ……。
 他の自衛官も突っ立ってないでタコツボ掘れよ……きょう日武器隊だって対ゲリラくらいはやってるぜ?
 そもそもヘリ持ってるならヘリボンで敵の司令部を制圧するとか色々戦術も広がりそうな気がするんだけど(以下略
スポンサーサイト

テーマ:戦国自衛隊 - ジャンル:テレビ・ラジオ



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
たしかに補給陣地に護衛がいないなんて・・
そりゃ ないだろ!とおもいました。

島村二尉
西軍総大将なのに 総指揮を放棄して
ジープで前線にでて一兵卒に成り下がって
しまったら そりゃ負けるだろって感じでした。
一応 防大卒の設定なのに・・・
2006/02/08(水) 03:03:35 | URL | byRYOH (#-) [ 編集]
>西軍総大将なのに 総指揮を放棄して
>ジープで前線にでて一兵卒に成り下がって
>しまったら そりゃ負けるだろって感じでした。
 イヤハヤ全く。
 歴史を知ってるんだから、総大将として有効な指揮を取って欲しかったです。吉川を拘禁して毛利勢を活用するとか、島津義弘に頭を下げて戦って貰うとか……。
2006/02/08(水) 04:02:01 | URL | bysergeant (#mQop/nM.) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。