生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
円環少女02 H18.03.01.角川書店刊、角川スニーカー文庫。著:長谷敏司/イラスト:深遊

Story──
 かつてメイゼルが捕らえた刻印魔術師・浅利ケイツが異形の刻印魔術師・人形師の手引きで脱走した! メイゼルを恨むケイツは、「最も神に近い者」グレン・アザレイから力を貰い、強大な敵となって立ち塞がる。メイゼルは仁の助けによって辛うじてケイツを撃退するが、仁の足手まといとなってしまった事に屈辱を感じ、魔術師として生きる為に彼の元を離れて一人グレンとの戦いに赴く……。

 1巻より前の、仁とメイゼルの出会いを描いた短編を冒頭に収録。その他にも平和な十崎家の情景や授業風景画がショートストーリー風に挿入され、コメディ調の挿絵と相俟って非常に面白いです……尤も、それだけにラストの別離が哀切ではあるんですが。
 勿論敵キャラや魔法に関する設定の方も個性的で、ケイツセコイクレバーな戦術や、「人形師」の包帯の下、500人に分裂する「九位」、そして何よりグレンを倒すための「作戦」には吃驚しました。いやー、矢張りハッタリはこれくらい派手にかまさないとなーw
【総評】:「火目の巫女」以来久々に当たりを引きました。この本なら全員に薦められます。来月発売予定の下巻と併せて、是非御読み下さい。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル書評 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
円環少女 (2) 煉獄の虚神(上)著者 長谷敏司イラスト 深遊レーベル 角川スニーカー文庫 面白いんだけど分かりにくい作品はもったいないね。 人気blogランキングへ ←
2006/03/21(火) 18:01:01) | ライトノベルっていいね
円環少女 (2) 煉獄の虚神(上)長谷 敏司 角川書店 2006-02-28by G-Tools 【刻印魔道師メイゼル。彼女が初めての任務で捕らえた魔道師が《協会》の厳重な牢を脱走したとの報せが。メイゼルは追跡の任を受けるのだが、それは恐るべき厄災の始まりだった】 「せんせ・・・お
2006/03/26(日) 18:25:35) | ラノベ365日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。