生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
りりとれ3 2006.03.25.メディアワークス刊、電撃文庫所収。著:時雨沢恵一/イラスト:黒星紅白

粗筋──
 イクストーヴァ王国で年始を迎える事になったリリアとトレイズ。トレイズは今度こそリリアに自分がイクストーヴァの王子であり、リリアを好きな事を伝えようとするが、なかなか上手く行かない。その内、二人はトレイズの両親であるフランチェスカ女王とベネディクトを狙ったテロ事件に遭遇してしまう……。

 キノの旅が永遠に続く物語だとすれば、こちらは世代を重ねて行く物語か。或いは、次回でリリアとトレイズが結婚してが出来て、三世代冒険記になっちゃったりしてw

 それにしても、今回はトレイズのヘタレっぷりが愉快でした。とゆーか、リリアも気付けよw

 ちなみに、次巻は5月下旬だそうです。速く読んでみたい事は読んでみたいですが、出来れば「王族だろうが何だろうが、トレイズはトレイズよ」なんてステロタイプな展開は勘弁して欲しい……まぁ、実際読んだら感動しちゃうかもしれないけどw
【総評】:今更面白いと云っても、既に十分に有名作家だしなぁ。かと云って自己顕示欲に駆られて「つまらん!」と云って見ても虚しいだけだし。何と書いたら良いものやら、本当に悩ましいw
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル書評 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
リリアとトレイズ〈3〉イクストーヴァの一番長い日〈上〉著者 時雨沢恵一イラスト 黒星紅白レーベル 電撃文庫 そんな目立つほど面白くないけど何故か目の 離せない
2006/04/11(火) 08:14:45) | ライトノベルっていいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。