生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神様家族08 2006.04.30.メディアファクトリー刊、MF文庫J所収。著:桑島由一/イラスト:ヤスダスズヒト

粗筋──
 進一と愛の初詣を描いたパートと、幼稚園児代の佐間太郎を描いたパートが交互に進む、外伝的作品。

 小さな恋愛話小さな友情を描いたミニマムな内容で、スリルもサスペンスもスペクタクルもロマンスも無いんですが、それらが全部有った7巻よりもずっと面白かったです。ゴロゴロ転がる神山ママとかw
 勿論、テレビ100台の話とか、「タバコを吸うのが大人っぽいんじゃ無くて、タバコを吸うのを我慢出来るのが大人」とか、神様家族ならではの「ちょっと良い話」も多かったです。特に、「ガムテープ」がらみの話は非常に面白かったし、ちょっとほろりと来ちゃいました。そーだねー、神様なら仕方ないねぇw 矢張り、桑島センセイは壮大なファンタジーよりもこうした身の回りの細々としたお話の方が上手です。

 あと、7巻のラストでちらっと顔を出した「セカイ臭」が払拭されていたのも良かったです。
 ラノベのメインターゲットである晦渋なファンタジーやセカイ問答を読みたい高校生にはちと物足りない内容で、もしかすると売れ行き的にはアレかもしれない(Amazonでも桑島小説20作中17位だった……)けど、小官的には大満足の一冊でした。たまにはこう云う小説があってもいいじゃない、ねぇ?
【総評】:7巻の総評で「購入打ち切り」なんて書いて済みませんでした。この作品は、否このシリーズこそ、自信を持って他人に薦められるラノベの筆頭です。続編「神様家族Z」にも期待大です(……本当に出るのか?!w)

<追記>
 でも、アニメ版は正直びみょーだと思った。

神様家族アニメ化!記念帯

 ……(´д`)何この出来そこないのエウレカ?

スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル書評 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。