生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いぬかみっ!05 2005.01.25.メディアワークス刊、電撃文庫所収。
 著:有沢まみず/イラスト:若月神無

粗筋──
 珍しくシリアスなケイタが、先祖代々の契約に依り死神に命を狙われている少女・ケイを救う為に戦う「だけど俺にはお前の歌」他3編を収録した連作短編集。

 死神の話は電撃hpで読んだなー。でもって、「ああ、やっと『いぬかみっ!』もシリアス路線に舵をきったか。単行本も五巻になったし、そろそろブースター切り離し高度だねぇ」と思い、いよいよ心が離れて行ったのですが……後書に依れば、「霊能力バトルにはならない」「これが最高のシリアス」との事。なーんだ、ならもっと早くに買って置けば良かったなぁ。
 勿論、四巻「もう少し続きます」なんてドラゴンボールのハシラみたいな事を書いてる作者の言い分ですから、信用度は「?」ですがw

 内容の方はいつもの通り可も無く不可も無く。ベタなネタでまったり進んでました。
 ただ、そんな中で巻頭漫画章末四コマは突き抜けた演出で面白かったです。特に、ありさんの巣を水攻めしているともはねの目が良かった。薫のいぬかみの中でもっとも残忍苛烈なのはともはねに違いねぇ(--;
【総評】:……何だか「漫画ばかりが面白い」みたいに書いちゃいましたが、阿智太郎&宮須弥コンビみたいにイラストレーターに存分に力を振るわせ、実力以上の力を発揮させる(特に、宮須弥は良きプロデューサーが必要な絵師なので……きくたけとかw)のもラノベ作家の才覚の一つだと思うので、これはこれでアリだと思います。
 さて、とっとと六巻を探して来ますかね。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル書評 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
超楽しくみています。
2006/07/18(火) 11:17:06 | URL | by瀧本 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。