生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新撰組捕物帖 2005.10.30.河出書房刊、ハードカバー。
 著:秋山香乃

粗筋──
 人情家でおっちょこちょいの「源さん」こと井上源三郎が、謹厳実直な尾形俊太郎を巻き込みながら、色々な事件を解決して行く連作短編集。

 「判じモノ」としては最低の出来で、多分手馴れた読者ならどの作品も二ページ目で粗筋が読めてしまうと思いますw

 しかしながら、キャラクターの造形はなかなか軽妙で魅力的(ちょっと腐女子っぽいけど)だし、何より当時の風俗に関して非常に面白く描けていると思います。蕎麦の話、「ツガル」の話、遊郭の話etc...何れもとても愉しかったです。
 故・杉浦日向子先生もそうだったけど、矢張り風俗の話は女性の方が日常への目配りが効いていて上手ですな。小官なんかどんなに気を付けても固い話になっちゃうから、羨ましい限りです。

 尤もその分、明治時代に造られた士族卒族と言う単語が幕末に出て来たり、「回天」を「スクリュー船」と書いてしまったりとミスも多いんですが……まぁ、それで政治批判を始めちゃうって訳でもないし、別にいいか(^^;
【総評】:ライトノベル感覚で気軽に読める一冊です。
 時代小説の積りで手に取ると、内容が軽過ぎてがっくり来ちゃうかも知れませんが、TRPG『維新の嵐』のシナリオとしては最適なので、もし万が一マスタリングされる場合には是非図書館で御一読を!w
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。