生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とらドラ2! 2006.05.25.メディアワークス刊、電撃文庫所収。
 著:竹宮ゆゆこ/イラスト:ヤス

粗筋──
 大河&竜児コンビの前に、北村の幼馴染でモデルの自称「天然」少女・川嶋亜美が現れる。外面如菩薩内面如夜叉な彼女を更生させるべく北村は様々に画策するが、大河はそれが気に入らない様子。果たして手乗りタイガーVS天然の勝負の行方や如何に?
 電撃hp掲載の短編「幸福の手乗りタイガー伝説」も収録。

 外面の良い「天然」少女が実はキツい性格でした、とゆーのは比較的良く有る話なんですが、とらドラの場合はそのキャラクターの属性で遊ぶのではなく、シチュエーション(北村の幼馴染だったり、大河と対立したり、大河とお互いに無いものを認め合っていたり)で楽しむ辺りがちょっと異色で面白かったですね。
 勿論、他のキャラクターも相変わらず大活躍。特に今回は「不思議系」実乃梨の露出が増えていたので、「田村くん」以来の不思議派の人も大満足?

 そして……うわぁ、何だこの中途半端な終わり方は!? 次回作への「引き」と言う意味では、効果120%です。果たして亜美と竜児が乳繰り合う(違)現場を目撃してしまった大河の反応は? そして亜美が漏らした「北村の好きな女」は矢張り実乃梨なのか!? うーむ、次回作が楽しみ過ぎます。
【総評】:実質的には上下巻っぽいので、最終的な評価は、次の巻を読んでからにさせて下さい。詰まらなくなるとは思えませんが、この強烈な「引き」を読んで数ヶ月悶々とするのもアレなんで、未読の方は「とらドラ3!」が出るまで読まずに待つのも良いかも知れませんw

<追記>
帯
 そうかなぁ……どっちもどっちのような気がw

スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル書評 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
中村って
2008/12/04(木) 15:10:33 | URL | by名無し擲弾兵 (#4JcWZNxE) [ 編集]
あw
何故間違えたんだww
直して置きます。
2008/12/04(木) 22:32:39 | URL | by軍曹@管理人 (#mQop/nM.) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
とらドラ2!著者 竹宮ゆゆこイラスト ヤスレーベル 電撃文庫 シリーズとしての評価は改めないと。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。 クリック
2006/05/31(水) 19:19:04) | ライトノベルっていいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。