生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佐竹義宣 2006.06.19.PHP研究所、PHP文庫所収。著:近衛龍春。

粗筋──
 常陸の戦国大名佐竹義宣が、家督を相続し、関が原の戦いで無念の中立策を採り、最後には秋田に転封されながらも近世大名に脱皮するまでを描く。

 佐竹義宣が主人公の小説なんですが、合戦で活躍するのは北城様と呼ばれるご隠居・義重ばっかり。何だか座りが悪いなぁと思っていたら、「佐竹義重」の続編だったんですな。
 内容の方は義宣を過剰に持ち上げるでも無く淡々と描いており、好感が持てます。一部「雪の峠」と被る部分も有りますが、川井事件のその後も描かれているので、同作品のファンでも楽しめるものと思います。
【総評】:読む前はIF戦記作家と思って馬鹿にしてましたが、結構抑えた筆致が良かったです。機会を見て「佐竹義重」も探して来よう。
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
あー。PHPの人物名系は案外悪くないですよねー。
ちょっとマイナーな武将の生涯を知りたいくらいだと特に。
2006/06/14(水) 22:21:08 | URL | by黒木竜 (#-) [ 編集]
 仰せの通り。小官もこれまでPHP出版の人物伝は「島津義久」・「里見義堯」と買って来ましたが、どれもそれなりに良かったです。
 PHP出版はビジネス歴史書のイメージが強いですが、最近は案外そうでも無いみたいですね。

 でも、太佐順の「班超」はちょっとアレ(内容も散漫で詰まらなかった上に、文章に、点が、多過ぎ)でしたが。
2006/06/15(木) 18:22:56 | URL | by軍曹 (#mQop/nM.) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。