生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
狼と香辛料02 2006.06.25.メディアワークス刊、電撃文庫所収。著:支倉凍砂/イラスト:文倉十

粗筋──
 大手商人に騙され、武器の売買に失敗したロレンスは、債権者のレメリオ商会、道中で知り合った羊飼いの娘ノーラらと共に、金の密売に手を染める。果たして、ロレンスの借金の運命や如何に!?

 しかしまぁ、前回に引き続き商人が騙す騙す……何となく、「逃げるヤツはベトコンだ。逃げないヤツは良く訓練されたベトコンだ」とゆー台詞を思い出しました。さしずめ、「騙すヤツは良く訓練された商人だ。(一見)騙さないヤツは良く訓練された商人だ」って所でしょうか。ロレンス君がトラウマになってないか心配です。
 ま、ダメだったら小官のガレー船に来なさい。毎日1D現金支給、食料水完全保証、酒支給アリ、安全なアドリア海を往復する健全な職場です……たまに東地中海に出てPKに襲われて全滅しますがw

 キャラ描写方面に目を向けると、今回もホロの可愛さが光ってます。桃の蜂蜜漬けにハァハァする狼なんて見た事ねぇ! ねだり方もどんどん上達して行くし、この先どうなっちゃうのか心配です(何
 ……難点は、新キャラのノーラの出現で三角関係になりそうな所が、ノーラのそっけなさとかホロのしたたかさで台無しになってる所でしょうか。勿論、無法地帯に生きる商人や羊飼いとしては当然の立ち居振舞いなんですが、ちょっと寂しかったです。咄嗟に呼んだ名前も、ノーラでもホロでもなく「エネク」だしw
【総評】:一巻ほどでは有りませんが、まだまだ中世商業ファンタジーとしての新鮮さは相変わらず。勿論、「主は可愛いの」等と高みからからかいつつも急にしおらしさを仄めかすホロのツンデレ(?)っぷりも健在です。セカイ系に疲れた方は、是非御一読を。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
狼と香辛料 (2)支倉 凍砂 メディアワークス 2006-06by G-Tools 【ホロとの二人旅を続ける行商人ロレンス。銀貨騒動で儲けた胡椒を武器に交換し、教会都市リュビンハイゲンで大きな商売を仕掛けたものの、思いもかけない謀略に嵌ってしまい・・・】 ってか、尻尾好きだ!
2006/06/25(日) 23:48:25) | ラノベ365日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。