生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鍋島直茂 2002.07.15.学習研究社刊、学研M文庫所収。著:中西豪

概要──
 「主家である竜造寺家を乗っ取った姦雄」とのイメージが強い鍋島直茂。しかし実際に鍋島氏が望んでいたのは、中央政権に対する軍事的貢献を通じての恩賞、即ち全く新しい領地で独立大名となる事であった。秀吉の唐入りをその絶好の機会と見て奮戦する鍋島氏の明日はどっちだ!?

 名前は有名だし、信長の野望シリーズでも毎回ハイスコアを叩きだしているんだけど、今ひとつメジャーに成れない鍋島直茂の生涯を描いた力作。
 鍋島騒動を単なる地方の騒乱と見ず、中央政権の影響と見る捉え方は、流石中西氏と云ったところでしょうか。手に汗握る合戦シーンとかは有りませんでしたが、意外な知見を得る事が出来て非常に面白かったです。
【総評】:ちなみに、値段の方は古本屋で350円(文庫は大体100円くらいが相場)でした。うーむ古本屋め、なかなかモノの価値が分かっているわい。
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
秀吉にせよ家康にせよ、権力者はただ単に反乱をおこしただけのような奴への評価は低いわけですよね。
そんな中で36万石を任せられた鍋島直茂はただの野心家ではない、稀有の器量人だったのでしょうねえ。
古本屋に有った気がしますゆえ、仕入れてまいります。
2006/06/24(土) 14:03:33 | URL | by黒木竜 (#-) [ 編集]
 信長の野望をやると大体島津でプレイするんで、重宝してます>鍋島さん
 立花親子もこれくらい気軽に配下になってくれればなぁ。
2006/06/25(日) 20:19:46 | URL | by軍曹 (#mQop/nM.) [ 編集]
>鍋島くらい手軽に仲間になる立花親子

 ……それって呂布くらい仲間になる関羽ってこと?w
2006/06/25(日) 21:32:23 | URL | by黒木竜 (#-) [ 編集]
 いいですねー、呂布。三国志Iの頃からのお気に入り武将です。特に良かったのはIIの呂布。どんなに有利な戦場でもあっさり敵に寝返ってくれる(そして、我が軍の真っ只中で寝返ったので、速攻ボコボコにされる)、或る意味命を掛けた寝返りっぷりに感動してました。
2006/06/26(月) 17:52:47 | URL | by軍曹 (#mQop/nM.) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。