生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いぬかみっ!10 2006.08.25.メディアワークス刊、電撃文庫所収。
 著:有沢まみず/イラスト:若月神無

粗筋──
 消息不明となった薫の家の留守を預かるケイタとようこ、そしてともはね達の日常を描いたドタバタコメディ短編集。

 収録作品は以下の通り。

■「かもな、まいはうすっ!」
 フラノが連れて来た精霊達が、仮名や親方まで巻き込んで一騒動。「裸祭り」系の作品。

■「穿いてないっ!」
 下着を穿き忘れたようこが、ケイタにバレないように奮闘する「それなんてエロゲ」なラブコメ話。小官はこーゆー馬鹿話が大好きだー!

■「ともはねとお薬っ!」
 ともはねが自作の薬で大人になって、川平家を襲う邪仙と戦うお話。お話も然る事乍ら、河童と相撲をしたり、ケイタにしがみついて昼寝するともはねのイラストが良かったです。

■op

■「カオルの気持ちっ!」
 薫の妹・カオルがケイタを「啓太お兄ちゃん」と呼ぶ話。吉日町にケイタを中心とするヘンタイネットワークが形成されつつある事が判明したw
 それにしても今回、カオルは表紙にも登場し、専用の短編まで用意されて非常に優遇されてます。本来、アニメ化されたならヤオイっぽい美男子キャラ美少年キャラの強化が優先されて然るべきなのですが、敢えて妹で攻める有沢まみずの空気の読めなさは天晴れとしか云い様が有りません。我が道を行く作者の男気に敬服です。

■「お風呂いっぱいの愛っ!」
 これまた「裸祭り」系の作品。上で「空気が読めない」と批判したが、コレと「かもな、まいはうすっ!」を掲載してバランスを取って居るのかも知れない。

■「だって、啓太だもんっ!」
 「カオルの気持ちっ!」でケイタに急接近したカオルは、「お風呂いっぱいの愛っ!」で傷付いた彼を甲斐甲斐しく看病するが、これが「恋人」気取りのようこや「妹」ポジションにいるともはねには面白くない。そこで、二人はカオルを風呂に呼び出し、果たして「妹」狙いなのか「恋人」狙いなのかをはっきりさせる事に……ってなラブコメ舞台裏話。
 五巻で死神に狙われていた少女・新堂ケイが再登場したんだけど、
五巻P.107十巻P.217

 てな具合にキャラが変わっててビビッた。某カードキャプターコスプレ少女並みの変化ですなw

■ep

■コミック「フラノの占い ~その頃みんなは~」
 コマの端々に顔を出すともはねがかなり可愛かったです。「酢コンブ食べる?」とか「でんぐりがえし」とか。そーいや「ともはねとお薬っ!」のイラストも気合入ってたし……もしや若月センセイ、実はともはね贔屓なのか? 謎は深まるばかりです(ぉ

【総評】:全体にコメディ色・ラブコメ色が強く、小官としては非常に満足の行く内容でした。評価は☆☆☆☆☆。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル書評 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
いぬかみっ!〈10〉有沢 まみず メディアワークス 2006-08by G-Tools かもな、まいはうす! 【薫を探すため世界に散った犬神たちの代わりに、留守番としてやってきた啓太。しかし、その家でミステリーが・・・】 初々しい・・・ 氷漬けから目覚めたカオルと共同生活を始め
2006/08/16(水) 01:36:06) | ラノベ365日
いぬかみっ!〈10〉著者 有沢まみずイラスト 若月神無レーベル 電撃文庫 ここに来て非常に面白くなった。 人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。 クリックありがとうございます。
2006/09/06(水) 19:38:55) | ライトノベルっていいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。