生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
軍神強襲 H18.08.01.角川書店刊、角川スニーカー文庫所収。
 著:古橋秀之/イラスト:Niθ/原作:鋼屋ジン(ニトロプラス)。

粗筋──
 世界の平和を賭け、火星上空で戦う覇道鋼蔵のデモンベインとマスターテリオン。鋼蔵の相撃ち覚悟の一撃によりマスターテリオンは封印されるが、その寸前、彼は過去の火星に奉仕種族を発生させる。時を経て蛸型宇宙人に成長した彼らは、電波に乗って地球に進撃を開始する……果たして地球の運命や如何に?!

 「軍神強襲(マーズ・アタック)」と云うサブタイトルの通り、「宇宙戦争」のパロディ作品です。
 勿論そこはそれ古橋センセイ、パロディと云っても単にストーリーを再現するに留まらず、「蒸気機械ゴリアテ」「機械写本リトル・エイダ」、そしてアル・アジフの新たなるパートナー・エドガー等々、如何にもデモンベインらしいギミックを盛り込み、最後まで飽きさせません。また、前作「機神胎動」で登場した古橋オリジナルの科学少女オーガスタ・エイダ・ダーレスも先生となって続投する等、ファンサービスも心憎いです。

 ストーリーは、歴代パートナーの中でも最も破壊的と称されるエドガーのお陰で、非常にハイスピードでカラっとしたモノに仕上がっています。いやホント、地球の大都市が軒並み火星人に占領されてるってのに、全然暗くないw 気違いミリオタを嘲るばかりでカタルシス0のスピルバーグ版「宇宙戦争」にも見習って頂きたいものです。

 ただ、残念ながら小官は『機神飛翔』だけは未プレイ(スペック的に心配だし、ベンチマークは何故かDL出来ねーしorz)なので、後書きで触れられていた「機神飛翔」との繋がりはちょっと良く分かりませんでした。尤も、分からなくても十分楽しめたので、別にいーんですがw
【総評】:非常に面白かったです。デモベファンは是非ご一読を。
 ただ、萌えとかお色気は無いので、エロエロな表紙に騙されて買った人はご愁傷様です。(-∧-;) ナムナム
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル書評 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。