生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デュラララ!!*3 2006.08.25.メディアワークス刊、電撃文庫所収。
 著:成田良悟/イラスト:ヤスダスズヒト

粗筋──
 謎の切り裂き魔に友人を傷付けられた紀田は、復讐の為「黄巾賊」のリーダーに返り咲き、切り裂き魔が所属していると思われる「ダラーズ」の動きを探る。だが、拡大を重ねた黄巾賊はかつて紀田が作った組織とは異なる性質のDQN組織と化しており、彼の思惑を越えて動き出してしまう……このままダラーズと黄巾賊は戦いを始めてしまうのか!? 池袋を舞台としたストリートギャング抗争モノ第三弾。

 今回はストーリーのドンデン返しも然る事乍ら、キャラクター描写が光っていました。特に白バイ警官にビビったり、新羅にベタ惚れなツンデレ・セルティが非常に萌えでした。いやー、顔も無いのにこんなに萌えるヒロインがかつて居ただろうかw
 その他のキャラもいよいよ「立って」来て、白バイ警官は「葛原」金之助で越佐大橋シリーズのクロスオーバーキャラだし、しかも「警察を……舐めるな!」と叫んでセルティに突っ込んで行くし、門田らの電撃作家組はいよいよおかしくなって来たし、サイモンは意外な燻し銀だしと見所が多くてもう大変でした。
 また、今回の騒動の黒幕である情報屋・臨夜が決して万能では無く、同じく美男子の静雄どころか寿司屋のサイモンにすら熨されてしまうややヘタレなキャラとして設定されている辺りにも好感が持てました。女性に人気の出そうな美男子系クレバーキャラだからと云って特別扱い(神の視点で勢力争いを操って、無傷で一人勝ち)せず、きっちり勢力争いの混沌の中に組み込んでしまう容赦の無さ……成田良悟、彼奴こそ現代の羅貫中です。

 ……まぁ、その分アニメ化とかは遠そうですがwww
【総評】:今更くどくどと述べる必要も無いでしょう。相変わらずの一冊、成田ファンは必携です。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
デュラララ!!1~3 (メディアワークス/成田良悟)横浜に遊びに行った帰り、読む本がなくなったので前から周囲が面白いといってたこれを購入。むむう。何故みなの「面白い」の連呼を聞き流していたのか。悔や
2006/08/16(水) 21:55:02) | 黒木茶屋 経営日誌
デュラララ!!×3成田 良悟 メディアワークス 2006-08by G-Tools 【現実から逃避し続けるボス、責任を感じている女子高生、友人の想いに気づけない少年。そんな彼らが過去を乗り越え、三つ巴の哀しい現実に立ち向かう―。】 「さささ、最近の警察は化物だ!」 交機怖カコイ
2006/08/17(木) 01:50:11) | ラノベ365日
デュラララ!!×3著者 成田良悟イラスト ヤスダスズヒトレーベル 電撃文庫 今更主人公がこっちだと言われてもねぇ。 人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。 クリックありがとうござ
2006/09/11(月) 19:52:38) | ライトノベルっていいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。