生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火目の巫女03 2006.08.25.メディアワークス刊、電撃文庫所収。
 著:杉井光/イラスト:かわぎしけいたろう

粗筋──
 都に赤い雪が降り、それに触れた者は体内の化生を呼び覚まされてしまうと云う事件が起き、茜達御明しも犠牲となってしまう。彼女達を助けるべく調査に乗り出した伊月・豊日・佳乃達は、国の成立に関わる秘事を目の当たりにする……。

 早くも三巻かー。第十二回電撃大賞入賞者の中では最速か? 先ずは、その手馴れた文章とスピードに敬服です。

 勿論百合要素も相変わらずで、巻頭カラーの(´д`)な顔が可愛い桐葉や、「ね、姉さまと豊さまを二人きりになんかしません!」と何故か(^^;)豊日に嫉妬する茜、「初々しい御明かしの方々の寝姿を拝見できると云うのも、またとない機会ですから、堪能させて頂きましたわ」と飄々とした為子様等々、相変わらずむず痒い展開です。

 ただ矢張り、長期展開を決定した為か、先の巻ノ二巻ノ一に比べると百合要素が減ってバトル要素が増えています。
 確かに売れ線を考えるなら、今後は茜や常盤と云ったロリキャラや百合ネタは抑え目にして、バトルヤオイ的展開(豊日とヨビががっちゅん×がっちゅん)イイオンナをメインに据えていく必要が有るんですが……ただ一言申し添えるならば、オタク・ブースターの切り離しは通常は五~六巻程度であり、余りに早く切り離すと失速して墜落する危険性が有るので、せめて四巻まではうれしはずかし百合路線で頑張って頂きたいものです(単に自分の読みたい作品がなくなるのが嫌なだけともw)
【総評】:当方在住のド田舎本屋にも入荷されていましたから、恐らく電撃の重点入荷品目(?)に指定されたんでしょう。今後はもう品薄に成る事も無いと思うので、迷っている人は、四巻が出てから纏めて買っても良いかも知れません。評価は☆☆★★★。
<追記>
 どーでもいいけど、「赤い雪」と云われて「腐り姫」を思い出してしまったのは秘密だw
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
火目の巫女〈巻ノ3〉著者 杉井光イラスト かわぎしけいたろうレーベル 電撃文庫 おかしな方向に向かいつつあるような? 人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。 クリックありがとう
2006/09/10(日) 11:20:19) | ライトノベルっていいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。